「調査、リサーチ(インターネット、リアル)/その他」の資料一覧

検索結果:1件の資料が見つかりました。
メディアレーダー
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2020/01/16

■誰がどのように視聴したかという指標が「視聴質」
誰が見ているのか(個人特定)・どのように見ているのか(視聴態勢)を数値化した「視聴質」が
TVISION INSIGHTSのデータです。

■どんなメリットがあるか
<メディアプランニング>
スポットCM、タイムCMともにターゲットの視聴質を可視化。
ターゲットに最適かつ費用対効果の最も高いメディアを選定可能。莫大な費用がかかるTVCMだからこそ必須のプランニング手法です。

<クリエイティブ分析>
1秒毎の視聴分析が可能なデータを活用して、15秒や30秒のTVCM1秒単位で視聴質を把握可能。
放映されたTVCMが狙い通り注目を集められているのか、競合TVCMと比較してどのようなポイントが優れているのか、などを把握可能です。

■お取り扱いについて
広告主様、広告代理店様、放送局様が対象のサービスとなります。上記の通り、TVCMの出稿における分析をサービスとしております。
数億円やそれ以上のTVCM出稿においてしっかりと改善やチェック(監査)をしていきたいお客様のご要望にしっかりとお応え致します。

■特徴
☆データの取得方法
└一般視聴者宅に独自に開発した人体認識アルゴリズムを組み込んだセンサーと機器を設置し、
 視聴態勢を取得する環境を整えます。
☆VI値、AI値とは
└VI値はテレビがついている時にテレビの前にどれぐらい人がいるかを示す指標、AI値は
 テレビの前にいる人の中でどれぐらいの人がテレビを注視しているかの指標です。
 それぞれの指標はそのままメディア・プランニング、クリエイティブ双方の評価として捉える
 ことができます。
 最先端の人体認識技術を搭載したセンサーをテレビの上部に設置し、テレビの前にいる複数の
 視聴者の視線や表情を毎秒ごとに測定。
☆視聴質データの位置づけ
└視聴質データは今までになかった中間指標としてテレビ広告に対するビジネスKPIに対しても
 ポジティブな効果を持ちます。
☆サンプル数
└関東・関西で900世帯、約2200人
☆Quick2
└便利なBIツール「TVISION Quick」でキャンペーンの分析をサポート


まずは、お気軽にご相談ください!
視聴質データ・分析データの活用方法についてご不明な点がありましたらお問い合わせください。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー レビューブログ Weekle(ウィークル)
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top