国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数8,733件  会員数117,908人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2019年03月23日 更新日:2023年11月01日

Twitter運用を企業が成功させるには?コツやメリット、特徴を解説!

Twitter運用を企業で行うコツとは?事例や代行会社など初心者向けに解説Twitter運用を企業が成功させるには?コツやメリット、特徴を解説!

Twitter運用とは

Twitter運用とは、企業が商品・サービス、自社のブランディング・認知向上を目的としてTwitterを活用することを指します。 すでにつながりのあるユーザーだけを対象とするものではないため、新規顧客獲得も可能です。ユニークな投稿も多いTwitterですから、ユニークな投稿で成功できれば販促効果も期待できます。 またTwitterをマーケティングに活用することで、リアルタイムなユーザーの反応(フィードバック:FB)を得られるため、商品・サービスの改善を目的としても活用できます。

企業がTwitterアカウントを運用すべき理由

企業がTwitterアカウントを運用することをおすすめする理由は、普段なら聞けないようなユーザーの生の声を収集することができるからです。通常であれば調査やサンプリングを行う必要がありますが、Twitterは匿名で投稿できるという特徴から、率直な意見が投稿されることもあります。そのため、商品・サービスに関するユーザーの飾らない声をリアルタイムでチェックできます。
また、拡散力のあるSNSなので、費用対効果の高いマーケティング戦略として活用することもできる特徴もあります。情報を自発的に発信することができるかつ、コストを抑えた広告配信やキャンペーン施策の実施も可能なため、なるべく少ない費用で効果を出したい企業にはおすすめです。

Twitter運用する上で知っておくべき特徴

企業アカウントを運用する際も、Twitterの特徴を押さえた上で運用する必要があります。 ここでは、Twitter運用する上で知っておくべき特徴3つを解説します。

Twitterならではのコミュニケーション

Twitter上でのコミュニケーションには、いくつかの特徴があります。
まず、文字数が制限されているため、短く簡潔に情報を伝えることが求められます。また、リアルタイム性に優れている為、瞬時に情報を発信・収集できる点が魅力的です。さらに、ハッシュタグを用いたトピックの分類や検索が容易であるため、特定の話題についての情報収集や共有を行えます。Twitter上では、自己表現や意見の発信、情報収集、交流が主な目的となっており、コミュニティ形成も盛んに行われています。また、有名人や企業がアカウントを持っていることも多く、ファンや顧客とのつながり強化や情報発信が行われています。
一方で、Twitter上では匿名性が高く、悪意のあるツイートや誹謗中傷、偽情報が拡散されることもあるため、注意が必要です。

情報の伝達範囲

Twitterは、他のSNSと比較してシェアされやすく、フォロワーだけでなくそのフォロワーやそれ以上の利用者にも幅広く情報が届けられる特徴があります。
そのため、Twitterのフォロー&リツイートキャンペーンは非常に有効的であり、特に即時に結果がわかるインスタントウィンキャンペーンでは、高い効果に期待できます。一方で、Twitterの特徴である拡散性の高さにより、良い情報だけでなく悪い情報も短時間で広がることがあります。
また、短い文章で交流を図る為、情報が誤解されたり、伝わり切らなかったりすることがあり、炎上してしまう可能性があります。しかし、話題を作ることにおいては、Twitterの拡散性の高さから影響力が強く、世の中の人々が注目することや、商品やサービスの評判などの情報が簡単に検索できることも強みとなっています。

ユーザー数

Twitterの国内ユーザー数に関しては、公式アカウントにて4,500万人越えの人が現在利用中であることがわかっています。
そして、総務省が行った情報通信メディアの利用時間と情報どうに関する調査報告書によるとTwitteにおけるユーザーは、主に20台・30台と若い層での利用が活発化しています。これらのことからもTwitterは国内で人気のSNSであることがわかります。

Twitter運用ででできること

Twitter運用に力を入れて企業の売り上げに繋げたいと考える人は多いと思います。ここでは、Twitter運用でできることについて紹介します。
・認知拡大
Twitterは、拡散されやすい、すなわち情報が広がりやすいという特徴があるため、Twitter運用を行うことで認知拡大を図ることができます。また、拡散されることで、自社のことを知らない層への認知拡大にも繋がります。
・ユーザーとのコミュニケーション
ツイートに対して、コメントやいいね、リポスト(旧リツイート)など、ユーザーとコミュニケーションを図ることができます。そのため、普段聞けないようなユーザーの声などを収集することや、コメントでのコミュニケーションをとることが可能です。
・UGC(口コミ投稿)の獲得
ユーザーが自社の商品やサービスについて投稿する際に、アカウントのタグ付けやハッシュタグなどを付けることがあります。ユーザーが自発的に投稿するため、自社商品・サービスのクチコミ投稿獲得に繋げることができます。また、ユーザーが参加できるキャンペーンを行うことで、UGCを増加を図ることも可能です。
・販売促進
企業アカウントで商品・サービスの情報発信ができるため、認知拡大から販売促進まで繋げることができます。また、広告やキャンペーンを上手く活用することで、販売促進にも繋がります。

Twitter運用のノウハウ・お役立ち資料まとめ

Twitterアカウント運用に役立つノウハウや情報をまとめた資料をご紹介します。 資料のダウンロードは無料ですので、ぜひお役立てください! 【Twitter】アカウント運用の戦略・運用・分析をトータルでサポート | サムライト株式会社

【Twitter】アカウント運用の戦略・運用・分析をトータルでサポート

【サービス概要】
「自社・自社製品のファンを増やすためにTwitterを使いたい」
「情報を広く拡散させたいが、うまく広まらず悩んでいる」
「KPIや評価軸をどう設定すればいいか分からない」
「アカウントの方向性を定められず困っている」
といった課題を解決する、Twitterアカウントの運用を支援するサービスです。


【サービスの特徴】
ソーシャルメディアを知り尽くした専門部署がプロジェクトごとにチームを組み、
精緻な初期戦略からクリエイティブ制作、効果測定・分析まで手厚くサポートいたします。
・500社以上のプロモーション支援実績
・自社開発サービスによるプラスアルファのご提供
・クリエイターによる投稿素材の制作(静止画、動画等あらゆるフォーマットに対応)
・SNSプロモーション全般に精通した企画力


【アカウント運用の目的一例】
Twitterの特徴を生かしながら、マーケティング目的に応じたアカウント運用を実現いたします。
・ブランディング
・ファンとのエンゲージメント強化
・コミュニティ形成
・プロモーションキャンペーン
・イベント告知・集客
・広報/WEBPR   等


比較的自由度が高いSNSといわれるTwitter。
投稿対効果を確認し試行錯誤を繰り返しながら、
アカウント運用やユーザーとのコミュニケーションを最適化することが成功へのカギを握ります。

コンテンツマーケティング領域で幅広い支援実績を持つサムライトでは
独自のノウハウを活用しながら貴社の課題や目的に応じた最適な運用をご提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください!

Twitter公式アカウント運用代行サービス | サイトエンジン株式会社

Twitter公式アカウント運用代行サービス

何を目的としてTwitterを運用するのかを決めるところから、継続的な投稿と、改善の繰り返しまで一貫してご対応いたします。Twitter運用担当者様の負担軽減と、御社のファン作りを支援いたします。

【GMO流】競合をミートするTwitter企業アカウントの運用プラグラム | GMO NIKKO株式会社

【GMO流】競合をミートするTwitter企業アカウントの運用プラグラム

GMO Influencer Maxでは、インフルエンサーやSNSアカウントの運用を
多面的に分析し、成功に導くマーケティングカンパニーならではの観点から、
Twitterのアカウントをクライアント様課題に応じて、プランニングいたします。

Twitter広告や、キャンペーンを設計するだけではなく、どう成果に結びつくのか。
を徹底的に研究し、数千社もプロモーションの支援を行っておるGMOインターネットグループのGMO NIKKOならではのロジックで、マーケティングDXを実現させます。

<<Twitter企業アカウント運用のポイント>>

・マーケティングファネルとの相関性
・KPIの立案
・エンゲージメントの重要性
・パレートの法則の理解
・競合分析の徹底
・競合ミートの必要性
・キャンペーンの設計におけるトレンド


<<GMO Influencer Max とは>>

「GMO Influencer Max」は、YouTubeを主軸とした各種SNSで活躍するインフルエンサーを活用し、「タイアップ」「YouTube番組」「チャンネル運用代行」などでマーケティングの成功を独自指標やデータを用いて行うソリューション型サービスです。

トップYouTuberのヒカルさんや手越祐也さん、江頭さんなどを活用し、
様々なYouTube施策に対して売上・株価・メディア反響をいただいております。

またInstagram/Twitter/TikTokの企業アカウント運用も独自設計手法や指標を用いて、
多面的にプロモーションや、ファンマーケティングを成功に導くロジックを立案します。
キャスティング会社ではない「マーケティングカンパニー」としての、
戦略的なインフルエンサー・SNSマーケティングを実現いたします。

【3社限定】無料診断|企業Twitter公式アカウントの正しい運用ノウハウ8選 | 株式会社カチカ

【3社限定】無料診断|企業Twitter公式アカウントの正しい運用ノウハウ8選

※同業他社様の資料ダウンロードはお控えください。

Twitterの企業公式アカウントで、こんなことありませんか?

「ぜんぜんフォロワーが増えない…」
「費用対効果が合わない…」
「投稿のネタが見つからない…」

企業のTwitter公式アカウント成功には、
「正しい運用」がとても重要になります。

============
■正しい運用で得られる3つの効果

・売り上げのアップ
・自社のファンが増加
・マッチ度の高い人材採用

============

企業のTwitter公式アカウント
8大運用ノウハウを大公開!

▼ ▼ ▼

株式会社カチカでは、コロナ過を機にSNSを活用したい経営者へ向け、
スグに実践できるTwitterの活用方法をお伝えしています。

これまでに多岐にわたる業種・業界のお客さまよりお声を頂き、
さまざまなアカウントにたいして、あらゆる角度から改善・成功を収めてきました。

【3社限定】でアカウントの無料診断も行っております。

Twitter運用で成果を出したい!とお考えの企業さま、
お困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください!

Twitter運用のメリット

Twitter運用するメリットには以下があげられます。
  • 拡散力があり低コストで多くのユーザーへの認知拡大が見込める
  • ユーザーのリアルタイムな反応をマーケティングに活かせる
  • 広告の表示形式が豊富で目的にあったものを選べる
  • 広告を表示させるターゲティング設定ができる
面白い・興味があると感じた投稿を「リツイート」して拡散できるのがTwitterです。この機能により偶然目にしたユーザーから、別のユーザーへの拡散されます。当初考えていたより広く認知を拡大することができます。 またアンケートなどを実施すると、ユーザーの声をマーケティング担当者がチェックするまでに時間がかかります。近年のスピード感では出遅れ感が否めませんが、Twitter運用することでリアルタイムにユーザーの反応をチェックでき、スピーディーに戦略に組み込むことも可能です。 Twitter広告は表示形式が豊富で、ユーザーに違和感なく見てもらえる「プロモーション広告」や、フォロワー獲得を目指す「フォロワー広告」など目的に応じて使い分けることも可能です。

Twitter運用のデメリット

Twitter運用するデメリットは、「炎上対策が必要不可欠で、炎上してしまうと火消がしずらい」点にあるでしょう。担当者が想定していなかった受け取り方や感じ方で、ブランディングの方向性が変わってしまうこともあり得ます。 また炎上した投稿を削除しようとしても、すでに広く拡散されており対策できないというケースもありますから、投稿する際には問題ないかしっかりと確認する運用を徹底するようにしてください。

Twitter運用のコツ

ここでは、実際にTwitterを活用したインフルエンサーマーケティングやTwitterアカウント運用を行っている株式会社アイズが、Twitter運用のコツについてご紹介します。

運用方針・コンセプトを決める

Twitterアカウントを成功させるためには、運用方針やアカウントコンセプトを明確にすることが重要です。これにより、どのようなスタイルでどのような情報を発信するかを決めることができます。
例えば、シャープ株式会社のように、一般ユーザーのようなフランクなスタイルで投稿するか、堅苦しい感じでビジネス情報を発信するか、あるいはエンターテイメント性を重視するか、ブランドのイメージに合わせて選択する必要があります。
運用方針やアカウントコンセプトは、ターゲット・ペルソナやKGI・KPIと共に、Twitterアカウントの成功に欠かせない要素です。

世間的なトレンドに合わせて投稿する

Twitterはリアルタイムの情報を知ることができるSNSで、機能の一つである「Twitterトレンド」をチェックすれば話題の最新情報を知ることができます。
トレンドには予測できるものとそうでないものがありますが、予測できるトレンドには事前にコンテンツを準備しておき、発信するようにしましょう。 例えば、クリスマスやハロウィンなどのイベントは予測ができるトレンドにあたります。

ユーザーとコミュニケーションを取る

Twitterは、利用しているユーザーとコミュニケーションがとりやすい特徴があります。また、フォローしていなくても投稿に反応することができるため、拡散されやすいという特徴があります。
そのため、ターゲットとなる層が興味を持ちそうな情報やコンテンツを提供することで、ユーザーの関心を引き、反響を得ることができます。投稿にはリツイートや返信、いいねなどのアクションが起きる可能性もあり、これらに対して返信などのアクションを取ることで、フォロワーとの交流機会を増やすことができます。

また、Twitter上でプレゼントキャンペーンなどのフォロワーの誰もが参加できるような投稿を実施する方法も交流を図る上で効果的です。自社の商品をプレゼントすると同時に、イベントでハッシュタグの投稿やリツイートをしてもらうことで様々なアカウントにリーチすることができます。

ユーザーが反応したくなる投稿作り

ゲーム感覚でリツイートを促す投稿や、思わずアクションを起こしたくなるような投稿ができると、バズる可能性が上がります。 例えばユニークさを前面にだした社員紹介で、「変顔をした画像で社員紹介する」・「面白いポーズで写真をとって新商品発売に関わったメンバーを紹介する」といったような投稿が受けると、リアクションも稼げます。真似してみようというユーザによる拡散も見込めるでしょう。

フォロワーがアクティブな時間帯に投稿する

コンテンツを投稿する時間帯は、ターゲットユーザーがTwitterを頻繁に利用する時間帯に合わせましょう。また、コンテンツに合わせて投稿時間を調整することもおすすめです。
例えば、ニュース関連の話題であれば、サラリーマンが通勤中にTwitterを見る可能性が高い朝の時間帯が適しています。美容関連の情報であれば、主婦が昼の時間帯にTwitterをチェックする傾向があるため、その時間帯に投稿することが効果的です。ツイートをより多くの人に見てもらうためにも、投稿のタイミングを意識することが必要です。

分析する

伸びている類似アカウントの設計を調査することは、Twitter運用の分析の1つの方法です。 競合アカウントがどのような投稿をしているか、どのようなフォロワー層を獲得しているかを把握することで、自社アカウントの投稿内容やフォロワー獲得の戦略を見直すことができます。
自社のターゲット層やブランドイメージ、目的に応じて投稿内容やフォロワー獲得の方向性を見直すことで、より効果的なTwitter運用を実現できるようになります。

画像や動画を積極的に活用する

140文字という限られた情報量で発信するTwitterで、効果的な運用を行うためには画像や動画を積極的に取り入れ、印象的な投稿とすることは必須です。 オフィシャルアカウントではあっても、砕けた投稿が好まれるTwitterでは、ユニークさも支持されるポイントとなります。親しみやすさの感じられる投稿を目指してみてください。

Twitterのアルゴリズムを理解する

より多くのユーザーの目に入るようにするには「おすすめ欄」に表示されるためのアルゴリズムを理解しておくことも欠かせません。 以前はフォロワー数によるとも言われていましたが、そうではなくなってきているというのが現状です。適宜更新されるアルゴリズムではありますが、現状では「いかにユーザーの目を惹き付けられる投稿か」が基準と考えられます。 冒頭文章で惹き付ける、後押しできる画像や動画を取り入れるということは大前提で、「今伸びている投稿を深堀し傾向を読み解く」ことと、「インフルエンサーの反応をもらえる投稿を目指す」ことも重要です。

企業がTwitter運用を成功させるためのコツ

今日、商品やサービスの認知度拡大などを目的に、商品やサービスごとにアカウント運用を行っている企業は増えつつあります。通常業務に行う傍らTwitter運用を行う場合、ただ投稿するだけになってしまうことがあります。そこで、企業がTwitter運用を行う際に、成功させるためにはどのようなコツがいるのか解説します。

KGIとKPIを決める

企業がTwitter運用を成功させる為には、KGIとKPIを決め言語化していくことが重要です。
KGIとは簡単に説明するとTwitterを運用するにあたって最終的な目標のことを指し、KPIは設定した最終目的達成のための中間目標のことを指します。
例えば、KGIが「フォロワー数を1年で10,000人獲得すること」であれば、そのKPIとして「毎月200件以上のツイートを投稿すること」などが挙げられます。明確なKGIとKPIを設定することで、目的に向かって戦略的にアカウントを運用することができます。

なお、Twitter運用においてKGIに設定されるものの例としては下記があります。
・ブランドの認知向上
・ブランドのファン獲得
・商品・サービスの売上拡大
また、KPIの効果検証に用いられる指標には下記があります。
・フォロワー数
・リーチ/インプレッション数
・エンゲージメント率
・UGC発生数
・いいね数
・コメント/リプライ数
・サイト誘導数
・ハッシュタグ利用数
・リツイート/シェア数
・コンバージョン数

ターゲット・ペルソナを明確にする

Twitterアカウントの運用においては、自社が提供する商品やサービスを利用すると想定される顧客層である「ターゲット・ペルソナ」を明確に設定することが重要です。 ターゲット・ペルソナを明確化することで、フォロワーの属性や関心に応じた適切なコンテンツを提供することができ、フォロワーのエンゲージメントを高めることができます。
また、広告配信時にもターゲット・ペルソナに基づいた正確なターゲティングが可能になり、コスト効率の良いキャンペーン運用ができます。

UGC(クチコミ投稿)を充実させる

商品について知っている人は複数いるけれどいまいち購入に繋がらない場合は、商品が消費者に対しどのような価値があるかが伝わっていない可能性があります。その場合UGCを増やすことで商品に対する理解を深めることができます。UGCを増やす為には、商品購入者に対して、クチコミ投稿を促すことで割引券などを付与したり、ハッシュタグを使ったクチコミ投稿キャンペーンを行うことが有効的です。
UGCを使った認知拡大には、露出(インプレッション)を意識した施策を行うようにしましょう。例えば、リツイートキャンペーンやハッシュタグ投稿キャンペーンを実施してツイート数を増やし、人気のインフルエンサーに製品やサービスについて感じたことをツイートしてもらうなど、広く拡散する施策が有効的です。

キャンペーンを実施する

Twitter上で実施できるキャンペーンを活用することで、フォロワー数の増加や販売促進に繋げることができます。特にTwitterキャンペーンは、拡散力に優れている為、有効活用することによって一気にフォロワー獲得につなげられます。また目的によってキャンペーンの内容も異なるため、自社のアカウント運用戦略に基づいてキャンペーンを実施することをオススメします。 Twitterで実施可能な基本的なキャンペーンについて以下にまとめたのでご覧ください。
  • フォロー&リツイートキャンペーン
  • フォロー&引用ツイートキャンペーン
  • フォロー&ハッシュタグ投稿キャンペーン

Twitterアナリティクスで数値データを確認する

Twitterアナリティクスを使用すると、自分のアカウントの数値データを確認することができます。
例えば、フォロワー数やツイートのインプレッション数、クリック数、エンゲージメント数などが分析できます。 これらの数値を分析することで、自分のアカウントの強みや改善すべき点を把握し、運用に役立てることができます。

Twitter運用の注意点

Twitterは、拡散力が高いが故に、悪い情報や口コミが拡散されてしまうといった可能性もあります。また、投稿は様々な人の目に触れるため、意図していない場合でも炎上してしまうこともあります。ここでは、Twitter運用する上で押さえておくべき注意点をいくつかまとめました。

リテラシーを持った投稿をする

企業のアカウントを運用していることを常に意識して運用することが大事です。もしTwitterで炎上してしまうと企業の信頼を大きく下げてしまう可能性があります。
特に、不確定な情報や道徳的に問題のある発言をした場合、炎上してしまう可能性が高まります。そのため、Twitterを運用していくにあたって、リテラシーを持った投稿を意識しておきましょう。

コンテンツの偏りが内容に投稿する

Twitterを運用する際には、コンテンツの投稿内容が偏っていないか注意しましょう。偏った内容を繰り返し投稿してしまうと、フォロワーからの反応が鈍くなり、興味を持たれなくなってしまいます。
そのため、偏りがないようなコンテンツを投稿し、フォロワーの関心を引くような内容を提供することが必要です。また、企業の場合は、商品情報ばかりを投稿するのではなく、業界トピックスや社会情勢など幅広い情報を発信することで、企業イメージの向上にもつながります。

炎上リスク対策をする

企業や商品、ブランドには、外部や内部からの様々なリスクや脅威を明らかにしておくようにしましょう。
例えば外部要因には、競合他社からの攻撃や消費者の反感、内部要因には、従業員の不正行為や社内トラブルなどが挙げられます。対策としては、迅速な対応と危機管理を行う為のリスク作成などをしておくことで、炎上被害を最小限に止めることが可能です。

また、 Twitter炎上には従業員による誤った投稿が原因となる被害が多数存在します。これを防ぐためには、ソーシャルメディアポリシーを作成する必要があります。
ポリシーには、ユーザーからの問い合わせへの対応や誤った情報・漏洩などへの対処法のような基本的なものから従業員が企業についてどのように言及するかなどのルールのような詳細な項目が含まれることもあります。従業員がSNSを利用する際の基準を明らかにすることで、間違いのある投稿を防ぎ、企業ブランドを守ることにもつながります。

Twitter運用の成功事例5選

Twitter運用を行うことでマーケティングに成功した企業の事例を5つ紹介します。

シャトレーゼ

洋菓子・和菓子などの販売を行っている企業シャトレーゼの事例を紹介します。シャトレーゼでは、UGCの創出を中心にマーケティングを成功させています。UGCを促すための独自のハッシュタグキャンペーンを実施し、生成されたUGCをうまく活用しています。

■参考記事:シャトレーゼ公式アカウント

ローソン

誰もが知っているであろうコンビニエンスストアの一つであるローソンの成功事例を紹介します。ローソンは、インスタントウィンを活用したキャンペーンで商品引換券や割引券などをプレゼントし、ユーザーに実店舗への来店を促すことに成功しています。

■参考記事:ローソン公式アカウント

株式会社石井マーク

標識のデザインや制作を行う株式会社石井マークでは、一般的な投稿を元に効果的なTwitter運用を成功させています。
投稿は、ユーモアで実用性のあるスタイルであり、ユーザーの興味を引きつけています。有益な情報を発信することで、フォロワーの獲得&認知度の向上に繋げています。

■参考記事:株式会社石井マーク公式アカウント

フセハツ工業

フセハツ工業は、大阪にあるバネメーカーの企業であり、Twitter運用に関しては一般的な投稿のみで成功を納めています。
ばねを作るプロセスや種類などに関しての投稿が多いところが特徴的です。一見バネの話となるとユーザーはあまり興味なさそうですが、フセハツ工業の投稿はユニークさがあり、何度も見てしまいたくなるようなクセになる内容となっています。そのため、安定したエンゲージメントの獲得、認知度の拡大に成功しています。

■参考記事:フセハツ工業公式アカウント

Yahoo!マーケティングソリューション

Yahoo!マーケティングソリューションは、日々人にとって有益な情報を発信することでTwitter運用において成功しています。
自社についてだけでなく、業界や流行を意識した情報の発信を行っており、フォロワー数の獲得につなげています。

■参考記事:Yahoo!マーケティングソリューション 公式

Twitter運用に役立つツール3選

Twitter運用を効率よく、効果的に行うためにおすすめしたい3つのツールをご紹介します。

Twitterアナリティクス

TwitterアナリティクスはTwitter公式ツールで、ユーザーと自社アカウントのエンゲージメントを数値化し、分析結果をチェックすることができます。 どの投稿がどのような反応をどれだけ得られているか、を把握することでより反応の良い投稿をするための方向性の検討に役立ちます。またフォロワーについては、アカウント数だけでなく、属性についても分析可能。より効果的なキャンペーンを行えるようになる、Twitterカードの利用も行えます。
参考:Twitterアナリティクスの使い方

SocialDog

SocialDogはTwitter運用のオールインワンツールとして、100万アカウント以上と広く活用されているツールです。TwitterだけでなくInstagramにも対応しており、アカウント運用管理・効率化・自動化・分析と1つでマーケティングに必要な機能が揃います。 頻繁に投稿しすぎてしまうとユーザーの反応は悪くなりますが、SocialDogを活用し予約投稿すれば、準備しておいた投稿を効率よく定時的に発信することもできます。 フォロワー数の増減とその原因まで深堀して分析することもできるので、マーケティングにも広く活用できるツールです。
参考:SocialDog

ツイとる

Twitter運用をしている中で、キャンペーン施策などを実施することもあると思います。その場合、効果測定を実施できないと意味がありません。
「ツイとる」は、Twitterに特化した効果測定ツールで、ハッシュタグ調査やキーワード調査が可能となっています。日別でのレポート作成や、投稿データの分析などもできるため、本格的にTwitter運用をご検討中の方におすすめです。
参考:ツイとる

【担当者必見】Twitter運用に役立つセミナー動画まとめ

Twitter運用に役立つセミナー動画を下記にまとめています。 動画の視聴は無料ですので、気になる方は是非ご覧ください!

脱・肌感覚!Twitterコミュニティをデータで解析!真に求めるターゲットを徹底理解

※本セミナーは2022年9月15日(木) に開催された「第7回 メディアレーダー EXPERT WEBINAR WEEK」内のセミナー動画です。
動画内の情報については、登壇企業へ直接お問い合わせください。

テーマタイトル
「SNSコミュニケーションを引きおこす起爆剤とは?~大SNS時代のマーケティングpart1~」

企業のSNSアカウントとユーザーの対話がバズり、一気に認知を獲得していく光景を見かけたことはありませんか?
SNSマーケティングの最前線ではユーザーとのコミュニケーションからCV獲得までを設計し、着実に成果を上げています。
今回のセミナーではユーザーとのコミュニケーションを数多く設計・実施し、高い再現性を確立したスピーカーたちが「SNSにおけるコミュニケーション」に焦点をあて、徹底解説します!

SNS×インフルエンサーでユーザーにウケる広告運用!~TikTok・Instagram・Twitter別のベストプラクティス~

※本セミナーは2022年6月9日(木) に開催された「第6回 メディアレーダー EXPERT WEBINAR WEEK」内のセミナー動画です。
動画内の情報については、登壇企業へ直接お問い合わせください。

テーマタイトル
「加速する3大SNSマーケティング最新の運用術 ~Instagram・Twitter・TikTokの極意~」


詳細なターゲティングを可能にし、広告業界に革命を起こしたSNS広告。
2022年もスピードを落とすことなく、ネット広告の筆頭として成長を続けています。
現在、ユーザーが利用するSNS媒体は明確に差別化されてきており、成果を出す上で、SNSごとの適切な運用は今まで以上に重要な事項と言えます。
今回のセミナーは「Twitter」、「Instagram」、「TikTok」の最新運用術を短い時間で広く深く学べる、欲張りなマーケター向けのセミナーとなっています。

【TikTok・Instagram・Twitter】運用担当者必見!今知っておきたいSNSトレンドを徹底解説!

●内容
本ウェビナーでは、TikTok・Instagram・Twitterの運用に日々携わる当社専門チームが登壇し、各プラットフォームの最新トレンドや成果が出たコンテンツ施策の事例を振り返り、SNSにおける目標設定・KPI設計の重要ポイント等について解説いたします。

●プログラム
・各プラットフォームの最新トレンド
・​​成果が出たコンテンツ施策の事例紹介
・各SNSアカウント運用における目標設定・KPI設計で重要になるポイント
・各SNSプラットフォームの当社運用担当者によるパネルディスカッション

●このような方にオススメ
・企業のTikTok・Instagram・Twiitterアカウントを運用されている方
・これまでのソーシャルメディア活用で成果が出ておらず、戦略を見直したい方
・ソーシャルメディアマーケティングの最新動向を知りたい方


ライタープロフィール

運用型広告 運用代行担当株式会社アイズ
運用型広告の広告運用代行サービスを2007年より提供開始、15年以上の広告運用実績でGoogle Partner、Yahoo!セールスパートナー、Twitter広告認定代理店、TikTokゴールドパートナーです。
運用代行可能な広告の種類:Google広告、Yahoo広告、Twitter広告、TikTok広告、Facebook広告、Instagram広告、LINE広告、SmartNews広告、Amazon広告など
運用型広告の運用代行のご相談はこちら
https://www.eyez.jp/admlp/

お問い合わせフォーム

  • お問い合わせの種類 *

  • お問い合わせ内容

  • 提案の立場 *
  • 実施確度 *
  • 想定予算 *
  • 想定時期 *

※送信後、本ページに掲載されている資料がDLされます。

※送信後、登録情報と問い合わせ内容が資料掲載社に提供されます。
逆営業や広告出稿目的以外のお問い合わせなどはご遠慮ください。

案件マッチング 第14回セミナーイベントSNSテーマ② SNSマーケティングの一括DLバナー セミナー情報一覧用バナー セミナー動画用バナー 事例記事バナー No.1訴求用バナー 会員サポート
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
めでぃぱす
メディアレーダー背景
// seminar entry