募集期間は終了しました。

web広告効果の頭打ちは錯覚~広告代理店への不満0が意味する危険信号とは?~オンラインセミナー

参加申込み締め切り:2022年10月06日 09時00分

大半の各論施策が自動化され、広告運用がコモディティ化しました。
個別媒体で、汎用化された下流工程の施策を実行しても改善しません。
しかし、日々の改善活動がこのような施策に終始するプロジェクトが大半を占めます。
現代においては、アルゴリズムやAIでは対応できない施策を実行することが差分を生みます。
本セミナーでは、「自動化時代でも効果を出すことができる具体施策」を共有します。
かつて、Web広告の運用は難易度が高く、人的リソースによる細部のチューニングを必要としていました。
しかしGoogleとFacebookを中心とした広告媒体による自動最適が急速に進化し、広告運用がコモディティ化しつつあります。

現代においては、個別広告媒体で下流工程の施策を打ってもほとんど効果は改善しません。
人手をかけずとも、自動最適が既にほとんどの各論施策を網羅できているためです。
それにも関わらず日本においては、日々の改善活動が、各論の個別施策に寄っているプロジェクトが大半を占めています。
この""事実""に、広告主サイドが気付いていないケースに多く直面します。

このような状況において、広告効果を改善するために必要なことは、下流工程の実行ではなく、
上流工程の戦略から改善施策を立案し、正しい仮説検証の活動を地道に継続することです。
アルゴリズムやAIでは判断できない内容、仮説を立てられない施策実行が差分を生む上で重要です。

本セミナーでは、「自動化時代でも効果を出すことができる具体施策」を共有します。
どの施策もすぐに実践に活かせる内容です。
旧時代のありふれた各論施策や、結局実践に活かせないような内容とは一線を画すので、是非ご参加ください。
セミナー日時 2022年10月06日 14時00分
セミナー形式 オンラインセミナー
費用 無料
定員 20

セミナーイベント申込受付中!

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

めでぃぱす

クラウドレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
▲ page top