最新マーケティング資料・メディア広告媒体資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘10代’ タグのついている投稿

Z世代(ジェネレーションZ)向け広告、メディアの比較、一覧、まとめ

2019 年 9 月 5 日 木曜日
Z世代(ジェネレーションZ)向け広告、メディアの比較、一覧、まとめZ世代(ジェネレーションZ)向け広告、メディアの比較、一覧、まとめ Z世代(ジェネレーションZ)とは 1990年代後半から2000年代の初め頃に生まれた若年世代を指します。(2019年時点で10半ば~20代半ば) Z世代はデジタルネイティブで、生まれた頃からIT技術や製品が普及した環境で育ち、ミレニアル世代やY世代以上にデジタルに対する知識が優れていると考えられています。 今後のトレンドを作り出していく新たな世代として、現在大きな注目を集めています。 当初はY世代とZ世代を一括りにしてミレニアル世代と呼ばれていましたが、ミレニアル世代の中でも、1990年代後半以降に生まれた「Z世代」は生まれた頃からIT技術や製品に囲まれて育ち、Y世代とはまた違った感性を持っているのではないかと考えられ分けて考えられるようになりました。 デジタルネイティブとは デジタルネイティブとは、生まれて物心がつく頃には既にインターネットやPC、携帯電話(スマートフォン)などのIT製品が既に普及した環境で育った世代を指します。 インターネットと成人前に触れ合わなかったそれまでの世代とは大きく「コミュニケーションの取り方」も異なります。 ミレニアル世代とは ミレニアル世代とは、一般的に1981年から1996年までの15年間に生まれた世代を指します。 つまり、2019年時点で23歳~38歳になる人がミレニアル世代で、その中心はいわゆるアラサー世代ということになります。 2025年には世界の労働人口の75%をミレニアル世代が占めると言われており、2030年にはミレニアル世代すべての人が40歳越えをします。 企業のマーケティング成功には、この次世代を担うミレニアル世代に対していかに効果的にアプローチしていくかが必要不可欠で、現在大変注目されている1つのマーケティング指標です。 ミレニアル世代向け広告・メディアのまとめ、一覧 http://media-radar.jp/contents/meditsubu/millennial/ Y世代(ジェネレーションY)とは 生まれた時期としてはミレニアル世代と重なり1980年代から2000年代初頭で、広義ではミレニアル世代とはほぼ同じ世代と言えます。 厳密な定義はないものの、日本においては特に1980年代初頭から1995年...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る