国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

メディアレーダー

‘マーケティング資料’ タグのついている投稿

テレビCMの媒体資料一覧と種類まとめ

2021 年 4 月 8 日 木曜日
テレビCMの媒体資料一覧と種類まとめテレビCMの媒体資料と種類まとめ テレビCMの媒体資料一覧 テレビCMはテレビで番組の前後や途中で放送される広告のことで、番組内で放送できる広告枠を購入することで広告配信を行うことができます。テレビCMは15秒のスポットCMと30秒のタイムCMがあり、企業や商品、サービスの目的に応じて出稿します。放送局のエリア別のターゲティングも可能です。制作やCMの放映にコストは掛かりやすいですが、テレビCMは世の中にある様々な広告媒体やメディアの中で影響力は圧倒的に大きく、認知拡大、信頼性の向上など多様なメリットをもたらします。 下記にテレビCMに関する媒体資料を掲載しています。媒体資料のダウンロードはいくつでも無料なので、テレビCMをご検討中の方は是非お気軽にご活用ください!また関連ページも是非ご覧ください! 【関連記事】テレビ広告・テレビメディアについて 【関連記事】CMの効果や事例・種類をご紹介! 富裕層/決裁者/男性 ディスカバリーチャンネルのテレビCMサービス資料21Q1 | ディスカバリー・ジャパン合同会社 全世界200以上の国と地域で放送されているディスカバリーチャンネルへのテレビCMサービスです。 ■ターゲットとしているユーザーが以下の広告主様にぴったりです! ・男性全般 ・高所得者層 ・決裁者向け ・シニア ■想定クライアント ・自動車関連企業 ・BtoB企業全般(認知度アップ) ・高級品メーカー ・トラベル業界 ・アウトドアメーカー ・小売など日用品メーカー ・デリバリー/在宅/リモートワーク/テレワーク向け ■導入メリット(自社による視聴者アンケート結果) 以下のブランドリフト効果が得られることが実証済みです。 ・CM視聴後の関心度20%アップ ・CM視聴後の理解度22%アップ ■ディスカバリーチャンネルの特徴 ・クルマ、テクノロジー、サイエンス、アドベンチャーなどの豊富なジャンル ・40代以上の男性視聴者メイン ・こだわりが強く、自分の好きなことに時間とお金を費やす視聴者が多い ■その他 動画配信サービスdplayと組み合わせた割引可能 ディスカバリーチャンネルが誇る高品質かつグローバル感のある映像制作サービスと組み合わせた割引可能 海外へのPRを目的として、...

アドワーズ(現Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツ

2021 年 3 月 26 日 金曜日
アドワーズ(現Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツアドワーズ(Google広告)とは?種類、特徴、運用のコツ アドワーズ(現Google広告)とは アドワーズとは「Google Adwords」というGoogleが提供するクリック課金型のインターネット広告の総称です。アドワーズは2018年の8月から「Google広告」という名前に変更されています。アドワーズを使用することでGoogleの検索結果表示ページや提携Webサイトに自社広告を配信することができます。Googleの広告アカウントを作成し、管理画面で広告予算やターゲティング設定を行い広告を配信します。広告の設定は管理画面のみで完結するので出稿の手順は非常に簡単です。 アドワーズ(現Google広告)の種類 アドワーズでは「検索広告」、「ディスプレイ広告」、「動画広告」の3種類の広告配信が可能です。 検索広告 Googleの検索エンジンに入力された検索クエリに応じて検索結果表示ページの上部または下部にテキストの広告が表示されます。SEO対策で検索結果表示ページの上位位置を占めることはサイトの質を高めることに時間がかかるので、キャンペーンの集客などの急ぎの場合はコストをかけて出稿するとすぐに反映されるので効率的です。検索クエリを入力する顕在層にアプローチできるので特にコンバージョンに強く導入したい場合に効果的です。 ディスプレイ広告 Googleのディスプレイ広告は「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」の名称で呼ばれています。GDNは広告配信システム「アドネットワーク」の一種であり、アドワーズからGDNに出稿します。これを利用することでGoogleとの提携ウェブサイトやアプリにバナー上の広告を配信することができます。コンテンツ連動型なのでWebサイトやアプリの属性によって関連性のある適切な広告が表示されます。Googleは大手の媒体から個人サイトまで300万以上のWebサイトやアプリと連携しており、配信先は豊富です。関連性の高いサイトに配信されるため、潜在層の興味を集めてアプローチできます。 【関連記事】Google広告の種類や設定手順について徹底解説! 【関連記事】アドネットワークとは?仕組みや特徴、サービス一覧 動画広告 動画広告は主に動画共有プラットフォーム「YouTube」で配信されます。YouTubeの見たい動画コ...

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧

2021 年 3 月 26 日 金曜日
DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?メリット、ツール一覧 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは 「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は「進化していくデジタルテクノロジーが浸透することで人々の生活を豊かに変化していく」という概念で2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱されました。 経済産業省の定義するDX 上記は広い意味で概念的に捉えられた言葉ですが、近年ビジネスシーンにおいて「DX」という言葉が具体的にが解釈され始めています。経済産業省が2018年12月にまとめた「DX推進ガイドライン」では ”「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争性の優位を確立すること」”(出典:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」平成30年12月) と定義づけられています。つまりIT技術を活用し既成概念を根底から覆すような商材のデジタルイノベーション、業務の効率化を図り新しい付加価値を生み出していくことと捉えられます。 DXのメリット DXのメリットをご紹介します。 業務の生産性の向上 非生産的な業務を自動化し、生産性の高い業務に時間を当てることができます。また、人の手による単純作業はミスが起こりうるものでしたが、正確にプログラミングされた自動化システムでは作業の精度も向上します。 新規ビジネスの創造 オフラインで成しえなかった新しい概念のビジネスを創造できます。インターネットやデジタル技術を活用して人々の暮らしはより効率的に便利に改善しています。デジタル技術ではAI分析などより緻密な分析が可能なので、人々の生活に寄り添ったより便利な商材を開発することができます。 DXツール一覧 マーケティングにおけるDXツールのサービス資料や関連資料を下記に掲載しています。資料ダウンロードは無料で可能なので、企業のDX化をご検討中の方は是非お気軽にご活用ください。 コロナ禍で急成長中のNewsDigestでDXマーケティング! | 株式会社JX通信社 <サービス> 国内のニュース速報や事件・災害情...

Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連資料のまとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連資料のまとめ Twitter広告とは?費用、活用メリットや特徴、関連媒体資料のまとめ Twitter広告とは Twitter広告(Twitter Ads/ツイッター広告)とは、Twitter内で配信される広告のことを指します。ユーザーは10~30代が特に多いとされており、若年層をターゲットとしたマーケティング戦略の場として、個人や企業を問わず多くの人から活用されています。Twitterは、LINEやInstagramをはじめとした主要なSNSの中でも拡散性が高く、広告出稿をした後ユーザーによって引用ツイート、リツイートなどがされることによって二次的な情報拡散が期待できる点に大きな活用メリットがあります。 この記事ではそんなツイッター広告の特徴や種類、広告出稿における設定方法や費用などについて解説していきます。 Twitter広告の特徴 繰り返しになりますが、Twitter広告の特徴は二次拡散性が高い点です。二次拡散とは一度公開された広告が第三者によって拡散され、その後に再び拡散がされることを言います。二次拡散に繋がるアクションはリツイートや引用ツイート、そしていいねボタンを押すことです。これらのユーザー行動によって投稿がユーザーのフィード上に表示される割合が増え、情報が拡散する要因となります。 Twitter広告の費用が発生するポイント Twitter広告の費用は基本的にユーザーがその広告キャンペーンに対しクリックなどの特定の行動を起こした際に発生し、定額で発生することはありません。ここでは具体的にどのようなポイントで費用が発生するのかを解説します。 フォロワー数が増えたとき 広告を通じてアカウントのフォローが発生した際に広告費が課金されます。広告を介さずフォローが発生した場合には料金は発生しません。 リンクがクリックされたとき 広告に連結させたリンクに対してクリックが行われた際に費用が発生します。広告の投稿のみをクリックした際はカウントされません。 動画が再生されたとき 広告内の動画が再生された際に費用が発生します。動画が再生されたと判断される条件には再生時間が3秒以上かつ動画の100%の画面表示がされる、再生時間が2秒以上かつ50%の画面表示がされる、また再生時間が6秒以上かつ50%以上の画面表示がプレロール動画内で行...

Google広告の種類や設定手順について徹底解説!関連資料の比較・まとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
Google広告の種類や設定手順について徹底解説!関連資料の比較・まとめ Google広告の種類や設定手順について徹底解説!関連資料の比較・まとめ Google広告とは Google広告とはGoogle社が運営する広告主向けの広告出稿サービスのことを指し、2018年にGoogle Adwords(グーグルアドワーズ)から名前を変更して現在の名前になっています。広告は検索エンジンであるGoogle上、またはGoogleが提携するWebサイトなどに出稿され、広告の種類にはGoogleリスティング広告(GSN/Google Search Network)、Googleディスプレイ広告(GDN/Google Display Network)、Google動画広告(YouTube広告)などがあります。 Google広告の費用形態 Google広告の費用形態にはCPC(Cost Per Click/コストパークリック)と呼ばれるクリック型課金型、CPM(Cost Per Mille/コストパーマイル)の2つがあります。 クリック課金型(CPC/Cost Per Click) クリック課金型とは、ユーザーが広告をクリックした際に料金が発生するシステムです。CPC課金型と呼ばれ、広告のクリック数によって支払い金額が決定します。1クリックの単価は品質スコアと広告ランクによって決まるため、出稿前に確実な合計金額を割り出すことはできませんが、クリックされた分しか料金が発生しないために費用対効果は高いと言えます。 インプレッション課金型(CPM/Cost Per Mille) インプレッション課金型とは、広告がユーザーの利用画面に表示された回数を基準として料金が発生するシステのことです。CPMはMilleがラテン語で「1,000」という意味を持つことに紐づけて、1,000回表示ごとに課金される課金形態として名付けられました。ディスプレイ広告のような視覚に与える情報に重きを置くものに採用されていることが多く、Google広告でも同じようにディスプレイ広告に適用されています。 Google広告の種類 Googleで出稿できる広告には、主に下記のような種類があります。 リスティング広告 リスティング広告とは検索連動型広告ともよばれ、ユーザーが検索したキーワードに応じて検索結果上位箇所に広告を表示させる広告手法です。...

検索順位チェックツール5選!SEO対策方法、関連サービス資料のまとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
検索順位チェックツール5選!SEO対策方法、関連サービス資料のまとめ検索順位チェックツール5選!SEO対策方法、関連サービス資料のまとめ 検索順位チェックツールとは 検索順位チェックツールとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上で、そのWebサイトが検索で何位に出てきているかを確認するツールのことを指します。順位は検索結果ページの一番上から数え、Webサイトの順位が上であればあるほどユーザーの流入数を増やすことができます。この他にも、検索順位を上げることによって安定した集客が期待できるほか、Web集客において高い費用対効果が出せる点などに大きなメリットがあります。この順位向上対策はSEO(Search Engine Optimization)対策とも呼ばれ、Web集客が必須と言われるようになった現代において、最も注力すべきWebマーケティング対策の一つであると言えます。 この記事では、SEO対策を行う上で必要となる検索順位チェックツールの紹介、使い方、また検索順位に関連するサービスの資料などについて触れていきます。 検索順位・SEOを上げるには 検索順位を上げると一口に言っても、何か一つアクションを起こせば順位が劇的に向上するかと言えばそうではありません。Webサイトの持つ情報や市場での引き合い、キーワードとの関連性など、複合的な理由から検索順位は変動します。常に順位を確認しながら様々な方法を試していくことで、SEOの効果が得られます。 対策の順序としては、まずはサイトの順位チェック、そこから細かなSEO対策を取っていきます。具体的な対策方法には下記のようなものがあります。 ・被リンク対策 ・HTMLの整理 ・UIの整備 ・メタディスクリプション ・独自コンテンツの充実 ・検索キーワードの把握と最適化 ・スマホ対応をおこなう ・表示速度を改善する ・キーワードをタイトルや見出しに盛り込む Google検索ランキングの調べ方 Googleでの検索ランキングを調べるには、目視でチェックする方法と「Googleサーチコンソール」という、Google社が無料で提供している順位チェックツールを使ってチェックする方法の二つがあります。 目視で確認する際は、Googleのブラウザでシークレットウィンドウなどを使いCookie上などに何も情報がない状態でチェックを行います。キーワードを入力...

CRMとは?SFAとの違いやおすすめツール、関連資料の比較・まとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
CRMとは?SFAとの違いやおすすめツール、関連資料の比較・まとめ CRMとは?SFAとの違いやおすすめツール、関連資料の比較・まとめ CRMとは CRMはCustomer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)の略で、顧客管理、顧客関係管理などと訳されます。CRMは企業の顧客マネジメント手法の一つで、組織が持つ顧客情報を一か所に集約し管理することで、顧客のタイプに応じてそれぞれ適切なアプローチを可能にするものです。「顧客」をベースとして考える一つのマーケティング施策でもあり、企業と顧客間でのコミュニケーション、または関係性を向上することによって顧客生涯価値(LTV)を生み出します。従来はこのマネジメント手法そのものをCRMと呼称していましたが、現在ではCRMの機能を持ったITツールのことも含めてCRMと定義するようになりました。 CRMマーケティングとは CRMマーケティングとは、その名の通りCRMを活用してマーケティング戦略を打ち出すことです。 CRMマーケティングを実施する際にはほとんどのケースでCRMツールの導入が必要となり、そこで管理される顧客情報を部門内、社内全体などで共有することではじめてCRMマーケティングの準備が整います。また、このツール内で集約された顧客データは複数ではなく、一つのフォーマット上でまとめて管理することによってスムーズな情報共有ができるようになります。 こうして情報がフラットに集約されれば、その後はそれらの顧客情報の分析やセグメンテーションを行います。セグメンテーションによってグループ化された顧客情報は具体的なマーケティング施策の選定や、その後の改善策の打ち出しに役立てることができます。 これらのステップを経て得られるメリットとしては、データの細分化によって可視化された顧客情報を活用することによって効率よく顧客の育成が行えること、そしてこれまでの営業方法の課題発見ができることなどがあげられます。 SFAとは SFAとはSales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の略であり、営業支援、営業の自動化などと訳されます。わかりやすく言うとSales Force、いわゆる営業部隊に対して、自動化された支援を行うシステムのことを指します。SFAでは、見込み顧客から既存顧客までに関する担当...

マルチチャネルとは?オムニチャネルとの違いや事例、関連資料のまとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
マルチチャネルとは?オムニチャネルとの違いや事例、関連資料のまとめマルチチャネルとは?オムニチャネルとの違いや事例、関連資料のまとめ マルチチャネルとは マルチチャネルとは英語でmultichannel、多重なチャネルという意味になります。独立したチャネルを複数持って挑むマーケティング戦略のことを言い、わかりやすい例で言うと実店舗とECサイト、チラシ販売などをそれぞれ顧客と別の接点を持ちながら販売活動を行うことなどがマルチチャネルに該当します。マルチチャネルではそれぞれのチャネル間で在庫や売り上げ、顧客情報などが連携されておらず、お互いに切り離された状態で別々に販売活動を行います。 チャネルとは そもそものチャネルの意味は、英語のChannelで手段やルート、経路などと訳されます。マーケティング領域ではチャネルは主に「接点」と広義に使われ、実店舗やDM、ECサイトなど、売り手と顧客の間にある接点がチャネルと呼ばれます。 マルチチャネルの種類一覧 マルチチャネルの種類には、下記のようなものがあります。 ・実店舗 ・ECサイト ・SNS ・メール ・アプリ通知 ・テレアポ ・訪問販売 ・通販 ・DM ・企業Webサイト マルチチャネルとオムニチャネルの違い オムニチャネルとは、複数の販売チャネルを持ちながら、それらの管理を一元化することによりチャネル間でのシームレスな購買行動を実現する販売戦略のことを指します。具体例でいうと、実店舗で探している商品が見つからなかった場合、ECサイトなどで在庫を確保し後日自宅へ配送する、または再度ECサイト上からその商品の情報をもってユーザーにアプローチを図り、買い上げにつなげることなどがあります。 まとめると、オムニチャネルとマルチチャネルでは、顧客と企業の間で複数のチャネルを持つという点においては共通していますが、チャネルごとの情報の管理方法に違いがあると言えます。マルチチャネルではそれぞれのチャネルは独立し販売活動も区別されているのに対し、オムニチャネルではすべてのチャネルが統合され、購入経路を意識させない販売戦略を行います。 マルチチャネルとクロスチャネルの違い クロスチャネルとは、複数のチャネルを持ちながらそれら全ての顧客管理と在庫管理を統合させる販売方法です。マルチチャネルに顧客・在庫システムを追加したものと考えればわかり...

バンパー広告とは?費用や活用事例、メリットを解説!関連資料の一覧・まとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
バンパー広告とは?費用や活用事例、メリットを解説!関連資料の一覧・まとめバンパー広告とは?費用や活用事例、メリットを解説!関連資料の一覧・まとめ バンパー広告とは バンパー広告は英語でBumper Ads(バンパーアズ)と言い、Googleが提供する動画配信サービス媒体YouTube内において、動画形式で掲載ができる広告の一つです。バンパー広告は動画再生途中に最大6秒間の動画広告配信ができ、YouTube広告の一種として2016年に追加されました。バンパー広告が発表される前はTrueView広告という動画広告が主流でしたが、バンパー広告の持つ「6秒間広告がスキップできない」という特徴が話題を呼び人気を集めました。バンパー広告にはその他にもGoogle Preferred キャンペーンやディスカバリー広告との相性がいい点、また比較的ユーザーにストレスを与えずにリッチな情報訴求ができる点などに特徴があり、特に認知拡大やブランディングなどのマーケティング施策を行う場合に適していると言われています。 バンパー広告にかかる費用 バンパー広告の広告費課金形態はCPM(Cost Per Mille)で、1,000回の視聴(インプレッション)ごとに課金されていきます。費用単価の相場はジャンルによって異なりますが、平均的な金額は1,000回視聴あたり約500円程度だと言われています。 Googleバンパー広告の入稿規定 入稿に際してクリアしなければならない基本的な条件は、下記の通りです。 ・動画再生時間…6秒以内 ・推奨アスペクト比…16:9/9:16 ・推奨解像度…720pt以上 ・推奨ファイル形式…MP4 バンパー広告を活用した事例 ここではバンパー広告を活用した広告事例をご紹介します。 ハミングFine DEO EX ハミングFine DEO EXは男性向けの柔軟剤です。「汗るオレ。」というメッセージとともに女性が男性に近づくシーンを作り、受け手の男性が「汗って」しまうシチュエーションが描かれたバンパー広告でした。計10パターンのバンパー広告が配信され、飽きの来ない広告として一躍注目を集めました。 LIXIL LIXILは企業ブランドイメージ向上対策として、テニスプレイヤーの錦織圭選手を起用しバンパー広告を配信しました。錦織選手の「にしこり」とLIXILの「リクシル」の語呂をつなげ、「にし...

トラッキングとは?方法やメリット、関連資料の比較・一覧・まとめ

2021 年 3 月 19 日 金曜日
トラッキングとは?方法やメリット、関連資料の比較・一覧・まとめトラッキングとは?方法やメリット、関連資料の比較・一覧・まとめ トラッキングとは トラッキングとはWeb上のユーザー行動を追跡、分析することを指し、マーケティングや広告の分野においては主にWebサイトの最適化や広告内容の改善を目的として活用されます。トラッキングを行うことによってコンバージョンに至るまでの経緯や要因などの情報を収集でき、広告の費用対効果を確かめることができるほか、継続的にページへの訪問ユーザーなどを追跡することで、ユーザーのインタネット上の属性を掴むことができます。 トラッキングの方法 ここではトラッキングを行うための具体的な方法についてご紹介します。 トラッキングコードを設置する トラッキングを行う際に採用される代表的な手法として、トラッキングコードをサイトに設置する方法があります。トラッキングコードはGoogleアナリティクスで発行でき、Webサイトに埋め込むことによってユーザーの流入元や検索キーワード、アクセス時間や地域などの情報を集計することができます。コードを設置した後はGoogle Analyticsの管理画面から全ての情報を確認することができ、レポート機能などを上手に活用することによってトラッキングに必用な情報を集めることができます。 Cookieを活用する まずCookieとは、Webサイトを訪れたユーザーの情報を一時的に保存する機能のことを指します。一度訪れたECサイトに前回入力した買い物情報やパスワードが記録されているのは、Cookieの機能によるものです。 そしてCookieにはファーストパーティーCookieとサードパーティーCookieという二種類があり、ファーストパーティCookieは閲覧中のドメインが発行するもので、サードパーティCookieは閲覧しているドメイン以外が発行するCookieのことを指します。マーケティングや広告利用には2つ目のサードパーティCookieが活用されることがほとんどであり、Cookieによって保存されたユーザー情報をもとにマーケティング分析や広告出稿の検討がなされます。 ヒートマップを活用する ヒートマップとは、LP、ページトップ上などでユーザーがカーソルを当てた場所、クリックした箇所などを計測し、ユーザーのアクションを程度によってサーモグラフィのよう...
    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録
リリース情報ページ
このページの先頭に戻る