国内No.1の広告媒体資料・マーケティング資料のポータルサイト

現在の資料登録数7,467件  会員数92,706人
媒体資料のメディアレーダー

■ ダウンロード会員様ログイン

■ 資料掲載企業様ログイン

アンダーライン
公開日:2022年06月01日 更新日:2022年06月03日

動画広告の配信媒体とは?媒体ごとの特徴を把握して効果を最大化させよう

動画広告の配信媒体とは?媒体ごとの特徴を把握して効果を最大化させよう動画広告の配信媒体とは?媒体ごとの特徴を把握して効果を最大化させよう

動画広告の媒体とは

動画広告を出稿するには、かならず出稿先となる媒体が必要になります。 YouTubeやTikTokなどの動画がメインになっているものだけでなく。InstagramやTwitterでも配信が可能となっています。 このように、動画の配信媒体には様々なものがあります。この記事では、配信媒体にはどのようなものがあるのか、またそれぞれのメリット・デメリットも解説していきます。

動画広告とは

動画広告とは、動画を使用した広告のことを指します。 スマートフォンやパソコンが幅広い世代に普及していることにより、今後も成長が見込まれている広告になります。 インターネット広告の全体の中でも全体の約2割を占めているほどで、近年はインターネットだけでなくデジタルサイネージを活用して配信することも可能となっています。

動画広告の資料

以下で動画広告に関わる資料を紹介しております。資料のダウンロードは無料ですので、ぜひご参考ください。

<国内最大!>暮らし・ライフスタイル動画メディア【Onnela/オンネラ】 | 朝日放送テレビ株式会社

<国内最大!>暮らし・ライフスタイル動画メディア【Onnela/オンネラ】

※※同業他社の調査目的でのダウンロードは固くお断りいたします※※

<媒体概要>
■"おうちのなか"をもっと前向きに楽しみたい20代〜40代女性を中心に月間1200万人にリーチ
「おうちのなかを、もっとしあわせに。」がコンセプトの家ナカ/ライフスタイル動画メディアです。
自宅で過ごす時間が増える今の時期だからこそ、おうちのなかを快適にするための様々なアイデアや、大人も子供も楽しめるおうち時間の過ごし方など、明日の暮らしに前向きな変化を与える情報を動画でお届けしています。

<サービスの特徴>
■暮らし・ライフスタイル領域の生活者へのリーチが可能
 ∟SNS総フォロワー140万
 ∟月間動画再生回数4500万超
 ∟サイトPV35万超
 ∟25歳〜44歳女性の割合63%
 ∟子持ち世帯の割合51%
 ∟共働き世帯の割合61%

<提供商品>
■タイアップ動画広告:200万〜
■タイアップ記事広告
■生活者インサイトリサーチ(アンケート調査/モニター施策等)
■各種キャンペーン
■インフルエンサータイアップ広告(サンプリング/イベント派遣等)
■ウェビナー/ライブ配信/イベント/コンテンツ制作/取材撮影

[BtoBマーケに効果的]オフィスビルで毎日見られるプライベートサイネージ | 株式会社バカン

[BtoBマーケに効果的]オフィスビルで毎日見られるプライベートサイネージ

[2022年8月]
Webマーケでは到達できない潜在層にリーチできるサイネージメディア
誰もが毎日使うトイレに広告配信できる動画メディア
プライベート空間なので周りを気にせずに情報接触されるメディアです

・毎日見られるから単純接触効果により記憶に残りやすい
・男性/女性の性別を指定した広告配信も可能です


◆配信先について
・配信先のオフィスは、厳選されたハイクラスなビルが中心。富裕層にリーチが可能です。
・配信面は5000個室、延べ500万人にリーチ可能。
・都内のファミリーマート154店舗にも配信可能。オフィスビルとの併用で複合的なプロモーションを行えます。
・トイレ内での設置型サンプリング(タッチ&トライ型プロモーション)も可能です。

◆トイレ個室デジタルサイネージについて
株式会社バカンは、AIとIoT技術で混雑の可視化を行うサービス等を展開しており、
広告配信だけでなく、サイネージの設置や運用も自社にて行っております。
すべてを一貫して管理しているからこそ、安定運用やご要望への柔軟な対応が可能です。

【Runtrip】ランニングメディア業界最大級|YouTubeチャンネル運営 | 株式会社ラントリップ

【Runtrip】ランニングメディア業界最大級|YouTubeチャンネル運営

☆Runtripとは
Runtripというカルチャーによって世界中でもっと自由に、楽しく走れる人を増やすことをミッションに掲げたランニングスタートアップです。

テクノロジーとの掛け合わせで、走りたくなる道(Location)と仲間(Community)に出会えるサービスを「Runtrip」というサービスを通じ提供しています。
記事メディアであるRuntrip Magazine、動画メディアであるRuntrip Channel(YouTube)を運営しており、ランニング業界最大規模を誇ります。

また、現在210,000人のランナーの会員を保有し、ランナーのオンラインコミュニティ体験である「Runtrip Journal(ラントリップジャーナル」を中心としたスマートフォンアプリが現在の主力サービスとなっています。

☆Runtripでできること
➀商品認知の向上
スポーツ・健康・ダイエット意識の高いユーザーに向けて、新商品や既存商品を訴求するためのタイアップ。
また、サンプリング、購買キャンペーンを企画。
自社キャンペーンサイトや、インスタグラム、ツイッターなどのSNSと連動させ、メディア外への集客や商品情報・口コミ拡散が可能。

②マーケティングリサーチ
ランナーである会員から、該当商品の購入属性や、競合商品の比較調査など、マーケティング分析やインサイトの発見も可能。

☆ご活用例
・新商品のプロモーション
・商品認知の向上
・商品のサンプリングや、購買促進
・ランナーへのアンケート調査によるインサイト発見
・商品リサーチ、ユーザーボイスの回収
・商品のリピーター獲得
・商品開発における事前ユーザー調査

☆広告メニュー
・YouTubeタイアップ動画制作、掲載
・Runtrip Magazine記事制作、掲載
・バーチャルランニングイベントの開催
・リアルランニングイベントの開催
・ランナーSNS、YouTuber施策
・プレゼントキャンペーン
・商品サンプリング
・ランニングコース制作
などなど、ランニングにまつわる多くのことを実施可能です!

次世代発掘イベント!歌ってみたCollection2022Autumn協賛 | 株式会社ドワンゴ

次世代発掘イベント!歌ってみたCollection2022Autumn協賛

ボーカロイド楽曲を人間がカバーするジャンル「歌ってみた」コンテンツに特化した次世代発掘イベントの協賛のご紹介です。

歌ってみたは、過去に「Ado」や紅白歌手「まふまふ」などのスターを生み出し、昨今YouTubeやTiktokなどの若い世代に主流の動画メディアで人気となっているジャンルです。

そんな「歌ってみた」の投稿祭として2022年4月から始まったネット上のイベント、「歌コレ」。2022年秋にはさらに多くの投稿が集まることが見込まれます。

歌うことや、ボーカロイド楽曲が好きな10代・20代のユーザーに向けて認知を獲得することが可能な協賛メニューとなっていますので、ぜひご覧ください。

■下記のような課題・ご要望をお持ちの方必見!
 ・若年層に訴求したい
 ・熱量の高いファンがいるコミュニティで訴求したい!
 ・協賛ができるイベントを探している!

────────────────────────────
【資料構成】
■「歌ってみた」とは
■「歌ってみたCollection」とは
■「歌ってみたCollection」生放送視聴者実績(2022年Spring)
■「歌ってみたCollection」生放送累計視聴者実績(2022年Spring)
■協賛メニュー詳細

※詳細はDL資料をご参照ください。
────────────────────────────
■実績業種(ニコニコ)
 ・ ゲーム(スマホアプリゲーム・PCブラウザゲーム) ・ 不動産 / 住宅設備
 ・ 旅行/レジャー (地方自治体・競馬・レジャー施設・将棋・野球・パチンコ) 
 ・ 映像/音楽/出版 (映画配給・アニメ・音楽著作権・音楽教室)
 ・ 食品 (菓子・ 飲料・嗜好品)
 ・ 情報通信/Webサービス(動画配信・電子書籍)
 ・ 趣味 (カメラ) / 玩具 / スポーツ

 ・ 学校 / 教育
 ・ 金融 / 証券 / 保険
 ・ PC / 家電 / AV機器 ...etc
等、その他多数実績、資料等がございます。お気軽にお問い合わせください。

確実に効果の出るインフルエンサーYouTubeタイアップ!魔裟斗・大原櫻子など | 株式会社エブリー

確実に効果の出るインフルエンサーYouTubeタイアップ!魔裟斗・大原櫻子など

ニュース&エンタメ動画メディアフォロワー数No.1を誇る『TIMELINE』がプロデュースする
タレントYouTubeチャンネル(インフルエンサー・YouTuber)とのタイアップ広告です。

影響力が大きいタレントのYouTubeチャンネルで企業の商品やサービスをタイアップの形で訴求します。

YouTube運営企業の中でも最高レベルの制作プロダクションを持つエブリー社が運営。
ハイクオリティで効果の出るタイアップ動画をスムーズな進行で実施できます。


【運営チャンネル】

・魔裟斗 (元K-1世界チャンピオン)
・ムサマサ!(魔裟斗&武蔵のK-1レジェンド2人によるコンビチャンネル)
・大原櫻子 (Instagramフォロワー100万人を超える大人気歌手、女優)
・井上小百合(元乃木坂46一期生の女優)
・紗倉まな(現役トップセクシー女優)
 その他チャンネル複数

インフルエンサーマーケティングに長けたプランナーが、
上記チャンネル以外も含めたキャスティングの提案など、
YouTubeでのマーケティング全てをご要望に合わせてサポートしております。

中高生・大学生・Z世代向けに届く動画メディア「部活ピーポー全力応援!ブカピ」 | 株式会社朝日新聞社

中高生・大学生・Z世代向けに届く動画メディア「部活ピーポー全力応援!ブカピ」

・「ブカピ」とは?
部活動を頑張る中学生・高校生・大学生(=部活ピーポー)を通して部活動の魅力を余すところなく伝えるYouTubeチャンネルを軸とした動画媒体です。
2018年のチャンネル開設以来、「頑張る部活生はカッコイイ。」をコンセプトに、強豪チームのスーパープレーや、涙無しには見られない感動のラストミーティングなど、部活を頑張る学生層の「憧れ」や「感動」を動画コンテンツにして届けてきました。朝日新聞社と朝日放送テレビが共同運営し、地上波テレビとラジオで週に一回、新聞紙面で月一回関連コンテンツの紹介などもしています。
地上波テレビとラジオの番組MCは、Z世代に大人気のインフルエンサー「なえなの」がつとめています。

・メディアの特長
ブカピ視聴者は10~20代の、いわゆる「Z世代」が中心です。
充実した試合映像を中心に、人気企画「ラストミーティング」や密着取材の「ブカピドキュメンタリー」など編集部独自取材の通常コンテンツに加えて、teen層に人気のインフルエンサーを起用したタイアップ企画や、オリジナルCM制作も人気です。全国で数々の学校・大学を取材してきた実績から、各学校・部活との関係値が高く、現役学生が登場するCM作りが特徴です。

新聞社・テレビ局共同運営の強みを生かしたコンテンツ作りには定評があります。記者経験がある編集部員による本格的なインタビューを得意とし、現役高校部活生のリアルな感情、コメントを引き出したドキュメンタリー風のCMなど、他にはない動画制作を手がけてきました。WebCM制作の実績が豊富なカメラマンによる本格的な撮影体制、都内でも指折りの好設備のスタジオを標準装備しています。

テレビ、ラジオ、各種SNSなど多媒体を活用したプランニングで、クライアント企業と現役学生をつなぎます。

〈手法〉
動画(タイアップ企画・CM制作)によるブランディング、認知向上
SNS(tiktok、Instagram、twitter)での拡散
動画を軸とした広告配信
インフルエンサーアサイン

元全国ネット報道番組ディレクターが支援。動画メディア・企画・制作・生配信サービス | 株式会社フィールドキャスター

元全国ネット報道番組ディレクターが支援。動画メディア・企画・制作・生配信サービス

株式会社フィールドキャスターは、元全国ネットの報道番組のディレクターが2011年に設立。
登録者34万人超のYouTubeチャンネルを運営するほか、ディレクター時代の経験、スキルを活かした動画企画・制作・生配信も得意としております。

主要サービスは下記。

①メディア(YouTubeチャンネル)
YouTubeチャンネル「フィールドキャスター チャンネル」では、エンタメニュースを中心にこれまで、8000本を超える動画を公開。チャンネル登録者は34万人超。

②生配信サービス
コロナ禍により急速に需要が拡大した、生配信・ライブ配信にも対応。官公庁、キヤノン、カンロ、光文社など多くの生配信を支援を支援。

③動画制作/運用支援サービス
企業紹介、商品紹介、ドキュメンタリー、採用動画など、さまざまなジャンルの動画を企画・制作。また、
YouTubeチャンネル開設、運用支援も手掛ける。

自転車動画メディア国内No.1「FRAME(フレイム)」 | 株式会社自転車創業

自転車動画メディア国内No.1「FRAME(フレイム)」

自転車メーカー、自治体、大手企業とのタイアップ実績多数。
サイクリストが月間100万人利用しているWEBメディアです。自転車好きをターゲットにした効果の高いプロモーションができます。
Youtube登録者は専門メディアNo.1で、人気自転車Youtuberが商品や地域のPRをいたします。
サイクリストを集めたい自治体様、企業様にコミュニティづくりのお手伝いができます。

令和時代は【動画PR】がマスト?!ラ・クレタの動画×プロモーションとは? | 株式会社ラ・クレタ

令和時代は【動画PR】がマスト?!ラ・クレタの動画×プロモーションとは?

【事業会社の方におすすめ!】
5Gが浸透しDXが加速する中、広報/PR業界でも外せないのが、デジタルを活用した施策です。
その中でも今後、コミュニケーションの主役になっていくのが《動画》と言われております。

動画×PRの力で商品/サービスの魅力を最大限に届けることができます!


■こんなお悩みありませんか?
・動画PRに興味はあるが、よく分からない!
・動画を使った施策は高いイメージがあって手を出せない。。
・今のコミュニケーション手法では制限を感じる。

ラ・クレタの提供する、《動画PR》なら動画とPRを複合的に組み合わせ、
動画専門メディアにも掲載、配信し多角的に情報発信を行うことで認知獲得の最大化を叶えます。

動画を作った”だけ”では終わらせずに、動画プロモーションも並行して行うことで
認知と理解の促進ができるサービスです!

・一般的なプレスリリースによる情報発信
商品/サービスの魅力をプレスリリースで配信し、
メディアに取り上げられ不特定多数にアプローチしていました。

・ラクレタの考える動画PRによる情報発信
プレスリリースの内容を元に、リリース内容を30~90秒の動画化。
生活者の方にも分かりやすく伝えることに加えて、
動画専門メディアにも掲載するなどのプロモーションを行うことにより、
メディア担当者と生活者とのタッチポイントを最大化させます!!

■ラ・クレタの動画PRの特徴
①低コストにて動画制作と動画メディアへの露出をおこないます
②文字情報では伝わりづらい内容を動画にすることで、認知訴求と理解深耕が進みます
③制作後はオンライン/オフライン施策での二次利用が可能なので様々なシーンで活用できます
④Waves PRとの連動により、効果を最大限に高めます
WavesPRについてはこちら ▶️ https://media-radar.jp/detail15799.html

■その他のPR支援サービス
・クライアントや競合、カスタマーニーズの調査と分析
・メディアやクリエイティブの企画
・メディアリレーション、プレスリリース配信
・記者発表会やイベントの運営
・広告施策の提案( TV/新聞/デジタル等)

【動画マーケティング】専門チームが企画制作・拡散・分析改善までワンストップで支援 | サムライト株式会社

【動画マーケティング】専門チームが企画制作・拡散・分析改善までワンストップで支援

■サービス概要■
コンテンツマーケティングの一環として
動画コンテンツの制作、及び効果的な活用を支援するサービスです。
「動画を制作するリソースやノウハウがない」
「拡散や配信までワンストップで行って欲しい」
といった課題やご要望にお応えします。

製品紹介・アプリ紹介・Webサービス紹介・動画広告、
記事の動画化・eコマース販促・営業ツール・チュートリアル、
動画メディア構築など、幅広い対応が可能です。


■サービスの特徴■
・スピードとクオリティを両立できる経験豊富な専門チーム
・コンテンツの企画制作~配信~分析改善までワンストップで提供
・オウンドメディア、SNS、インフルエンサー起用などの施策と連携可能

コンテンツマーケティングのノウハウと、動画制作の専門チームのノウハウを組み合わせ、
ユーザー目線に寄り添った動画の制作・配信により効果的な動画活用をサポートします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

バーチャルYouTuber(VTuber)活用のSNS・リアルプロモーション! | カバー株式会社

バーチャルYouTuber(VTuber)活用のSNS・リアルプロモーション!

現在、企業プロモーションの方法として、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、Tik Tok等のSNSやYouTube等の動画メディア活用のWEBマーケティング、YouTuber、ディスプレイ広告、インスタグラマー、ライバー、KOL稼働のインフルエンサー・アンバサダーマーケティング・有名人・著名人・芸能人・俳優・アイドル・モデル・声優・文化人・専門家・クリエイター・アーティスト・タレント等のキャスティングを活用する事は必須となりつつあります。

今回、近年急速に市場・勢いを伸ばしつつあるバーチャルYouTuber(VTuber)を活用したプロモーション・PR手法をご紹介します。2018年にはネット流行語対象に選ばれる等、オンライン上で最も注目を集めているコンテンツです。

弊社サービスであるVTuber事務所ホロライブ(hololive)では、2019年3月ビクターエンタテインメントよりメジャーデビューしたときのそら(YouTube登録者数100万人超え/2022年7月現在)、登録数191万人超えの「白上フブキ」を筆頭に、70名以上のバーチャルタレントが所属しております。

●ホロライブ
・YouTube総登録者数 6,752万人
・YouTube総再生回数 74.1億回
(※2022/7/31時点)

また、テレビ東京系ドラマ『四月一日さん家の』にメインキャストとして出演、各種ゲーム企業とのタイアップ企画、経産省クールジャパン政策課とのタイアップ企画等、多岐に渡るジャンルでの実績もございます。

オンライン上でのタイアップ・PR投稿やコラボは勿論の事、TV番組やオフラインのリアルイベントコラボ・参加、インバウンド・アウトバウンド案件等、現実世界でも様々なシーンに登場し、次世代のタレントとして、その活躍の場を広げています。

是非、弊社VTuberの起用・タイアップ・コラボ等のご依頼をお待ちしております。

ダンス系インフルエンサー女子高生へ繋がる紙&ウェブ&動画メディア | 株式会社ディーエスケイ

ダンス系インフルエンサー女子高生へ繋がる紙&ウェブ&動画メディア

【次号2021年5月号は4/15刊行です】

『ダンスク!』2021年5月号
*全国高校2,000校へ45,000部配布
*特集:音楽とダンスの近代史
*広告申し込み締め切り:3月中旬

①45,000部を学校へ直接配布:高校ダンス部専門マガジン『ダンスク!』でのPR
>>ウェブ(www.d-s-k.jp)/フリーマガジン/SNSでの告知展開

②全国2,000校〜:ダンス部のある高校へのルートプロモーション
>>ご紹介/サンプリング/撮影/アンケート/顧問へのメルマガ

③10代ダンス系SNSインフルエンサー(1万フォロワーから)によるPR
>>Instagram/YouTube/Twitter/キャスティング

④YouTubeチャンネル「ダンスク!TV]

フォロワー70万以上!インバウンド向け動画メディア【代理店DL不可】 | リフト株式会社

フォロワー70万以上!インバウンド向け動画メディア【代理店DL不可】

※お願い
本資料は事業者様向けのサービスとなります。
代理店様のダウンロードはお控えいただけますようお願いいたします。

【オススメの方】
・コロナでの店舗売り上げ減を解決したい経営者・担当者の方
・コロナで店舗のバイト採用に難航している経営者・担当者の方

□メディア概要
日本に興味がある、日本をもっと知りたい国内外の若者に向けた就労に関わる情報や生活全般に関わる情報を
外国人が運営し、外国人が出演し、外国人が発信する外国人目線でのオリジナルメディア。

□メディアの特徴
①圧倒的に読まれるリーチ力
2019年9月スタートから、1年立たずにフォロワー数60万人超え、月間リーチ数600万超えを実現。
現在も月に10-15万前後のフォロワー増加中

②高いエンゲージメント
都市型の18〜24歳の方がコアユーザーであり、SNS使用頻度も高く
結果として、コンテンツに対してのエンゲージメントも高い水準で推移してます

③豊富なメディア・コンテンツ
ユーザーより随時アンケート調査を行いながら、より求められている
情報をオリジナルコンテンツとして量産しております。

 〇広告メニュー一覧
 ネイティブ動画広告
(広告の目的をヒアリングの上で、最も効果があるタイアップ企画を提供致します)
 
詳しい内容につきましては資料の中身をご覧ください!

MINE × Twitter スポンサーシップ Media Guide | 株式会社3ミニッツ

MINE × Twitter スポンサーシップ Media Guide

ご発注金額 全額分のプロモツイート配信が可能となり、別々でご発注いただくよりも単価がお得です。 Twitterとの親和性が高いアイテムや企画に最適なパッケージです。

★MINEとは★
明日の私をPLAY〈再生〉する。
MINEは、アラサー女性をターゲットにしたオリジナル動画メディアです。
「わたし、このままでいんだっけ?」「ちがう自分も見てみたい」と今の自分らしさを探しはじめた女性たちのコンパスとなるコンテツを発信します。

★MINEの存在意義とMINE世代のインサイト★
結婚、転職、とライフステージが大きく変化するアラサー世代。
自分らしさを探す女性たちに向けて、コンパスとなる情報を発信します。

【お問い合わせの多い広告メニュー】
※掲載可否確認がございますので、お問い合わせください

■Movie記事タイアップ
MINEブランドスタジオチーム制作のMovie記事を掲載。
デジタルプロモーションを知り尽くしたMINE ブランドスタジオならではの切り口で、ブランドや商品の魅力をユーザーへ伝えます。

■ショートMovie 記事タイアップ
貴社でお持ちの素材(写真・動画)を活用しMINE ブランドスタジオチームが編集、10〜20秒程度の動画を制作します。
アイテムの魅力や特徴を、端的にユーザーに伝えます。

■スチール記事タイアップ
MINE ブランドスタジオチーム制作によるスチール記事を掲載。
MINEユーザーの興味関心の高い文脈・切り口で記事化、ブランドや商品の魅力をユーザーへ伝えます。

■EVENTレポート Movieタイアップ
ブランドの世界を体感させるイベントの場をMINEで発信することで、より多くの人に追体験いただけます。

国内最大級ライフスタイル動画メディア「soeasy」2019年度3Q媒体資料 | 株式会社soeasy

国内最大級ライフスタイル動画メディア「soeasy」2019年度3Q媒体資料

日本最大規模のライフハック動画CGM「soeasy」です。
メインのカテゴリーはグルメ/掃除/収納/グッズ紹介など、ライフスタイルの中でより便利な暮らしをするための情報を動画でお届けしております。
月間再生数は1億回、視聴UU1000万人を突破しました。
普段の生活をちょっぴり幸せにするアイディアをユーザー同士で共有します。

<日本最大級!>暮らし動画メディア【Onnela/オンネラ】TV連動ver | 朝日放送テレビ株式会社

<日本最大級!>暮らし動画メディア【Onnela/オンネラ】TV連動ver

※調査目的でのダウンロードはお断りいたします※

<媒体概要>
■"おうちのなか"をもっと前向きに楽しみたい20代〜40代女性を中心に週間500万人が視聴。
「おうちのなかを、もっとしあわせに。」がコンセプトの家ナカ/ライフスタイル動画メディアです。
自宅で過ごす時間が増える今の時期だからこそ、おうちのなかを快適にするための様々なアイデアや、大人も子供も楽しめるおうち時間の過ごし方など、明日の暮らしに前向きな変化を与える情報を動画でお届けしています。

<サービスの特徴>
■暮らし・ライフスタイル領域の生活者へのリーチが可能。
 ∟SNS総フォロワー85万超
 ∟月間動画再生回数4500万超
∟サイトPV35万超
 ∟25歳〜44歳女性の割合63%
 ∟子持ち世帯の割合51%
 ∟共働き世帯の割合61%

<地上波テレビ番組放送開始>
■暮らし動画メディア 「Onnela(オンネラ)」がお届けするショートムービー
【恋する#イケカジ〜となりのオンネラくん〜】が地上波で放送開始。

◼タイトル 恋する#イケカジ〜となりのオンネラくん〜
◼放送⽇時 10月3日(土)〜 毎週⼟曜⽇13:26〜(ABCテレビ放送エリア)
◼放送後アーカイブ配信 (オンネラYouTubeチャンネル)
◼出演者 駒⽊根葵汰 ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)

<提供商品>
■SNSタイアップ動画広告+地上波番組露出:300万〜
■タイアップ記事広告
■生活者インサイトリサーチ(アンケート調査/モニター施策等)
■各種キャンペーン

【富裕層向け】高年収のビジネスマンをターゲットにしたハイクオリティ動画タイアップ | 株式会社エブリー

【富裕層向け】高年収のビジネスマンをターゲットにしたハイクオリティ動画タイアップ

「知的好奇心を刺激し、人生にきっかけを届ける」がコンセプトのビジネスパーソン向けSNS動画メディアです。
合計58.4万人のSNSフォロワーに質の高いタイアップ動画コンテンツの配信が可能。

同領域で3年連続のフォロワー数No.1!!

【特長】
・TVやWeb大手出身のディレクター陣によって、ビジネス、テクノロジー、ライフスタイルなど幅広いジャンルでノウハウを生かして制作
・ユーザー層には年収も高めで可処分所得が多く、趣味や自己投資にお金をかける男性ビジネスパーソンが多くを占める
・制作コンテンツは二次利用も可能で、作って終わりではない投資効果(コンテンツが資産に)が得られる
・豊富なキャスティングネットワークを駆使し、タレントからマイクロインフルエンサーまで幅広いキャスティング力も強み
・SNSプラットフォームに強く、タイアップコンテンツ配信後の広告運用までサポート可能

【電子書籍関連ご担当者様必見】動画広告オプション無料キャンペーン | 株式会社ドワンゴ

【電子書籍関連ご担当者様必見】動画広告オプション無料キャンペーン

弊社が運営する国内最大級のコメント特化型UGCプラットフォーム「ニコニコ」のユーザーと、電子書籍との親和性が非常に高いことはご存知でしょうか?
他の動画メディアと比較した際、ニコニコの利用者は書籍・コミック・雑誌にかかわらずとても高い関心があり、さらに購入への意欲も高いことがわかっています。

この資料では電子書籍の企業様限定で、よりお得に広告を出稿していただける期間限定メニューをご紹介いたします。


■電子書籍クライアント様限定キャンペーン
-----------------------------------------------------------------
・動画広告のインプレッション単価を、通常 1.0円/imp ⇒ 0.8円/imp に割引!
・動画広告を視聴したユーザーの態度変容について、簡易調査を無料で実施!

詳細はDL資料をご参照ください。
-----------------------------------------------------------------

■事例概要
・電子書籍・漫画ストア様     :動画広告(ストア内人気作品についてのプロモーション)
・まんが・電子書籍販売サイト様  :動画広告(ブランドイメージについてのプロモーション)
・国内最大級の電子コミックサイト様:企画生放送(タレントを使ってのプロモーション)
等、多数実績がございます。

■下記のような要望をお持ちのご担当者様にぜひご覧頂ければと存じます。
 ・お得に露出を増やしたい
 ・電子書籍と相性の良いユーザーに訴求したい
 ・今までリーチのできていなかった層にもプッシュしたい

株式会社soeasy2019年7月-9月媒体資料 | 株式会社soeasy

株式会社soeasy2019年7月-9月媒体資料

日本最大規模のライフハック動画メディア「soeasy」の閲覧UU数が800万を突破。
「あなたにとっての当たり前が、世界をちょっと幸せにする」というコンセプトのもと、ユーザーへ知れる喜びと誰かのためになれる多幸感を感じるコミュニティメディアとなっています。
本当にライフハックが好きな人に見てもらえるメディアを目指し、15秒動画を投稿することができるユーザー投稿機能もアクティブに使用されています。
人気カテゴリーとして、食/家事/収納/掃除/便利グッズレビューなど多岐に渡り、SNSのユーザー数は70万人を突破しました。

【2019年4月-6月期】日本最大級ライフハック動画メディアsoeasy媒体資料 | 株式会社soeasy

【2019年4月-6月期】日本最大級ライフハック動画メディアsoeasy媒体資料

日本最大規模のライフハック動画CGM「soeasy」です。
メインのカテゴリーはグルメ/掃除/収納/グッズ紹介など、ライフスタイルの中でより便利な暮らしをするための情報を動画でお届けしております。

動画広告が流行している理由

なぜ、動画広告は流行しているのでしょうか。大きく2つに分けて見ていきましょう。

若者へのスマホの普及

まず1つ目に、若者へのスマホの普及があります。 若者がメディアに接している時間が、年々テレビよりもスマホへと移り変わっています。 テレビ離れが進んでいる中で効果的にメッセージを訴求するために、ユーザーが多く触れている場所にて広告が配信されるようになりました。 また、通信環境が改善され、スマホでの動画の視聴が気軽にできるようになったのも動画広告が増加している一因だと言えます。

動画広告は様々なものに活用できる

以前までは「スマホでの動画広告がテレビCMの補完」だという考え方の動画広告が多くありましたが、近年ではテレビCMをそのまま配信するだけではなく、メイク動画や料理動画などのコンテンツの形態で動画広告が活用されることが増えています。 SNSのタイムライン上でこういった動画広告を目にしない日は多くありません。それだけ、動画広告は流行しています。

動画広告の種類

動画広告には様々な種類がありますが、大きく分けると「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」の2つに分けられます。アウトストリーム広告はさらに2つに分かれ、「インバナー広告」と「インリード広告」に分けられます。

インストリーム広告

YouTubeといった動画コンテンツの動画枠の中で配信される広告のことをインストリーム広告と呼びます。 インストリーム広告の特徴として、YouTubeなどの動画サイトで動画コンテンツと同じ画面で再生できるという点が挙げられます。静止画のバナー広告と比べると画面が大きく音や動きまで届けることが可能なため、商品やサービスの魅力を伝えやすくなっています。 また、YouTubeだけでなくFacebookでもインストリーム広告が配信可能となっています。 広告が挿入される位置によって名称が変わり、それぞれ
・プレロール広告(動画の最初):認知の獲得
・ミッドロール広告(動画の最中):広告を完全市長させる
・ポストロール広告(動画の最後):コンバージョンの獲得
といったようになっています。自社の目的に合ったものを選びましょう。

アウトストリーム広告

Webサイトやバナー、アプリのフィードなどで配信される広告をアウトストリーム広告と呼びます。

インバナー広告

バナーの広告枠に出稿できる動画広告のことをインバナー広告と呼びます。 インストリーム広告と違い、コンテンツの視聴の有無に関わらず自動的に動画が流れることが特徴になっています。 Yahoo!のトップページの右上にあるものが有名でしょう。 動画サイト以外でも配信が可能となっているので、インストリーム広告ではリーチできないようなユーザーに向けて訴求したい場合におすすめの手法となっています。

インリード広告

記事やフィードの間に差し込まれている動画広告のことを「インリード広告」といいます。 画面に表示されないと動画広告が流れない点がインバナー広告との違いとなっています。 コンテンツの間に挿入されており、スクロールをした時点で動画広告が開始ので、ユーザーの目に留まりやすいという特徴があります。

動画広告の媒体一覧

動画広告の媒体は数多くあります。以下でそれぞれの特徴をまとめていますので、自社に適した媒体はどれにあたるのかを確認してみましょう。

YouTube

YouTubeは世界最大級の規模の動画サイトです。 日本国内で6,500万人、世界では20億人以上のユーザーが利用しているため、動画サイトの中でも圧倒的なリーチ量を誇っています。Google広告を活用した出稿方法のため、GDNと同じように細かなターゲティングが可能となっています。 また、豊富な広告メニューがあり目的によって使い分けることが出来ます。以下それぞれの解説になります。

TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告とは、動画の再生前後や再生中に流れる広告のことです。動画を再生したユーザー全ての目に留まりますので、認知獲得に適したメニューになっています。また、スキップ機能の有無も選択できるようになっており、スキップ可能な広告のことを「スキッパブル広告」、スキップ不可の広告のことを「ノンスキッパブル」といいます。

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告とは、検索結果一覧やYouTube上の右側にある関連動画一覧に表示される広告のことです。 具体的には、「YouTubeの検索結果」「YouTubeの関連動画」「モバイル版YouTubeのトップページ」が配信場所となっています。 サイト内では動画は配信されず、動画広告をクリックすることで再生されるようになっているため、すでに興味を持っている可能性のあるユーザーに視聴されやすく、ネガティブな印象を与えにくいという特徴があります。そのため、サービスの利用や商品の購買に繋がりやすいと言えるでしょう。

バンパー広告

6秒間のスキップできない広告のことを「バンパー広告」といいます。動画の再生前後や再生中にながれますが、6秒間という短い時間のため、ユーザーにストレスを与えにくい点がメリットです。幅広い層への認知やリーチが期待できるだけでなく、バンパー広告を活用することで広告想起率とブランド認知度を高めることが出来る点もメリットといえるでしょう。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、YouTube上ではなく、YouTubeのパートナーとなっているWebサイトやアプリで配信されるモバイル用の広告のことです。 YouTube外にでるので、YouTubeを利用していないユーザーにも動画広告を出すことが出来ます。注意点として、アウトストリーム広告はデフォルトで音声がオフになっている点があります。動画を作成する際は、音声が無くても伝わるようなものにすることをおすすめします。

マストヘッド広告

YouTubeのホーム画面最上部に掲載される動画広告を「マストヘッド広告」といいます。 ターゲティングをせずに広告を配信する「ブロード広告」の仕組みになっており、配信エリアを国単位で設定できるためリーチ数が非常に大きくなります。 また、YouTube上の最も目立つ部分に配置されるため、YouTubeのユーザーに最も訴求できる広告といえるでしょう。

SNSを使用した動画広告

動画サイトだけでなく、SNS上にも動画広告を出稿できます。各SNSの特徴を以下で解説いたします。

TikTok

10~20代の若い女性を中心に利用されているショート動画SNSです。 ユーザーが積極的なので動画広告に抵抗を持ちづらく、受け入れてもらいやすい傾向があります。 メリットとして、ユーザー層に偏りがありターゲティングがしやすいという点と、動画広告を見てもらいやすいというメリットがあります。

Instagram

「インスタ」の愛称で若い女性を中心に支持されているSNSです。 Twitterなどの他のSNSとは違い、リツイート等の拡散機能はなく拡散力は劣りますが、Instagramのユーザーは投稿を見てからのアクション率が非常に高くなっています。 ストーリーズ機能などの独自の広告フォーマットがある点も特徴になります。

Twitter

若年層のユーザーが多く、拡散力が強い点が魅力となっているのがTwitterです。 拡散には1次拡散と2次拡散があり、2次拡散になるとエンゲージメントに対する課金が発生しなくなりますので、戦略的に運用することで広告コストを大幅に削減することが出来るでしょう。また、Twitter特有の機能を用いた広告フォーマットが多いため、他と差別化をはかりたい場合にお勧めといえます。

Facebook

他のSNSと比べ、40~50代のビジネスパーソンと呼ばれるような中堅層のユーザーが多く存在しているのがFacebookです。中堅層に向けて訴求したい場合に適しているだけでなく、動画広告の出稿設定で非常に細かくターゲティングを設定できるため、精度が高いターゲティングが可能となっています。 また、視聴完了率が高いという特徴もあります。

LINE

国内で圧倒的なアクティブ率を誇るSNSです。 メッセージアプリとしての機能だけでなく、LINEマンガやLINEニュースなどの多くのコンテンツと連携しており、それぞれで広告の出稿が可能となっています。 そのため、ターゲティングがしやすくなっているのが特徴の1つです。 アクティブ率が高く利用者数も多いので、広告をみてもらいやすく多くのユーザーにリーチできるのがメリットといえるでしょう。

Yahoo!動画広告(YDN)

Yahoo!の動画広告は、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」と、「Yahoo!プレミアム広告」のアウトストリーム動画とインストリーム動画、の計三種類で配信することが出来ます。 YDNはYahoo!が提携しているアドネットワークのことで、アプリの「Yahoo!JAPAN」のタイムラインやYahoo!JAPANのウェブページだけでなくクックパッドなどのパートナーサイトに掲載されています。 Yahoo!プレミアム広告は、先述した通り「アウトストリーム広告」と「インストリーム広告」の2つに分かれています。 アウトストリーム広告はYahoo!JAPANのトップページに掲載されているもので、左右のコンテンツが無い部分を利用した「トップインパクトパノラマ」や、トップページ右上の「トップインパクトスクエア」などに配信することが出来ます。 一方でインストリーム広告はiOSから配信されている「Yahoo!ニュースアプリ」やGYAO(PC、タブレット、アプリ)での映像視聴時に配信が可能になります。

Google動画広告(GDN)

Googleが提携しているWebサイトの広告枠に配信する、アウトストリーム広告の一種がGoogle広告になります。 Googleで動画広告を出す際に用いるのが「Googleアドネットワーク(GDN)」と呼ばれているアドネットワークで、Googleが提携している200万以上のサイトやモバイルアプリ、動画コンテンツに広告を配信できます。 配信先が多いため、インターネットユーザーの90%に配信することが可能となっています。 他にも、潜在顧客層へのアプローチやユーザーの属性とサイトコンテンツでターゲティングすることも可能となっています。

動画広告による効果

動画広告を活用することによる効果は、大きく分けて3つあります。

認知の拡大

1つ目に、認知の拡大が挙げられます。 動画広告はYouTubeだけでなく、TikTokやInstagramなどのSNSやWebサイトにも配信することが出来るため、認知の拡大を図る施策としてとても有効です。 また、バナー広告よりも記憶に残りやすいのも認知拡大に適しているといわれる理由の1つとなっています。

ブランディングに活用できる

2つ目に、ブランディングに活用できるということが挙げられます。 動画広告は、画像や文字だけでは伝えきれない商品やサービスの魅力を分かりやすく伝えることが出来ます。自社の商品やサービスのファンになってほしい場合は、動画広告が最適でしょう。

販売促進に効果的

3つ目に販売促進に効果があるということが挙げられます。 静止画よりも1度に伝えられる情報が多く、また、実際にその商品やサービスを体験している様子も見てもらうことが出来るため、販売促進に効果的だと言えるでしょう。

動画広告のメリット

動画広告には一体どのようなメリットがあり、上記のような効果を生み出しているのでしょうか。ここでは3つのメリットを解説していきます。

商品、サービスの利用イメージが伝わりやすい

動画広告は音や動きを取り入れられるため、静止画広告よりも商品、サービスのイメージが伝わりやすいというメリットがあります。 商品であれば実際の使用風景を見せたり、施設であればあたかも視聴者がそこを歩いているかのように見せる演出ができるのは、動画広告ならではの表現であり、特徴だと言えます。

幅広い層に訴求できる

動画広告は様々な場所に配信できるため、その分多くのユーザーに見てもらうことができます。それだけではなく、動画広告では実際の使用風景を写したり、音楽を使用したりすることができますので、言語以外の部分でも情報を伝えることができます。そのため、活字に慣れていない層や外国の方などにも訴求することが出来ます。

拡散される可能性が高い

動画広告は表現方法が豊かなため、ユーザーに強く印象付けられる広告を制作しやすく、好意的に思った視聴者がSNSで拡散する場合もあります。 多く拡散された広告は、当初の想定を大幅に超えた効果をもたらす可能性がありますので、静止画よりも拡散される可能性が高い部分がメリットとなります。

動画広告のデメリット

魅力的なメリットがある動画広告ですが、反対にデメリットも存在します。

スキップをされてしまう可能性がある

静止画よりも伝えられる情報量が多い動画広告ですが、再生されてもスキップされてしまうことも少なくありません。「見てもらえない」という部分でいえば静止画の広告も同様で、視界に入ってもそのままスルーされてしまうことがあります。

ほかの手段と比べ費用が掛かる

静止画の広告と比べ、制作費に多大な費用が掛かってしまうことがデメリットだと言えます。映像や音楽などを活用して訴求できる分、制作費も制作時間もかかってしまうので、動画広告を配信する前に資金やスケジュールを入念に確認しましょう。

クオリティによって効果が左右される

上記の2つのデメリットをまとめると、動画広告はそれ自体のクオリティによって効果が左右してしまうということになります。 「面白い動画広告は拡散される可能性がある」とメリットで述べましたが、その逆もあり、つまらなすぎたり不適切な表現のある広告は悪い意味で拡散されてしまい、企業のイメージに傷がついてしまうことがあります。

動画広告の媒体を選ぶ際のポイント

動画広告は、配信先が決まらなければ配信することが出来ません。一体どのような点を基準にして選べばよいのでしょうか。

商品やサービスに合った媒体を選ぶ

自社の商品やサービスのターゲット層を明らかにし、そこから逆算する形で適した媒体を選びましょう。 極端な例ですが、40代のビジネスパーソンに向けた商品を宣伝したいのに、若い女性に支持されているInstagramで広告配信をしても効果は薄くなってしまいます。 各媒体のユーザー層を把握し、商品やサービスに一番適した媒体を選ぶことが大切です。

アクティブユーザーがどれだけいるか

アクティブユーザーとは、一定の期間内に1回以上サイトに訪れていた、もしくはサービスを利用した活動的なユーザーのことを指す言葉です。 アクティブユーザーが多い媒体ほど多くのユーザーにリーチできるため、目標としているリーチ量と配信先の媒体のアクティブユーザー数を照らし合わせながら、媒体を選びましょう。

フォーマットはどれが使えるか

インストリーム広告、インフィード広告など、媒体ごとに使用できるフォーマットは様々になっています。また、名称が同じでも媒体ごとに表示ルールに差異がある場合がありますので、規定をよく確認してから制作することをおすすめします。

課金形態がどうなっているか

動画広告には、主に3つの課金形態があります。
・CPC:ユーザーが動画広告をクリックすると課金が発生する
・CPM:動画広告が1000再生されると課金が発生する
・CPV:ユーザーが一定時間広告を視聴することで課金が発生する
各課金形態の違いや配信先の媒体がどの課金形態なのかを把握することで、広告コストを抑えられる場合がありますので、必ず確認しましょう。

動画広告で成果を出すために

適した媒体を選ぶことも重要ですが、さらに効果を出すためにはほかのことも考える必要があります。具体的にどのようなことをすれば成果を得られるのかを以下で解説します。

動画広告を出す目的を明確にする

「広告を視聴したユーザーにどのようなアクションを起こしてほしいのか」ということを明らかにすることが成果を出すために重要になってきます。 目的が明確になっていないまま進めてしまうと、配信先の媒体で望んだ効果が得られない可能性があるからです。目的から逆算して適切な媒体を選定するためにも、まずは配信目的を明らかにしましょう。

正確なターゲティング設定を行う

目的だけではなく、誰に届けたいかも明確にすることも成果を出すためには必要になってきます。年齢・性別といった広範囲なターゲットではなく、ペルソナを設定するなどをして具体的な絞り込みをしましょう。 同じ20代女性に支持されているInstagramとTikTokですが、Instagramの方が美意識や自己愛が高かったり、トレンドを追いかける人が多く、TikTokは仲間と集まってチャレンジしたり楽しいことをしたりすることが好きだという傾向があります。 このように、年代や性別が同じでも、好みや関心は異なっているため、細部まで設定したターゲティングをすることが必要になってきます。

広告フォーマットに沿った構成のクリエイティブを作成する

フォーマットごとに特徴があることは解説しましたが、その特徴に合わせてどのようにクリエイティブを作成していく必要があるのでしょうか。 例としてYouTubeの「インストリーム広告」を挙げて説明します。 インストリーム広告は動画が再生されてから5秒でユーザーが任意でスキップできるようになってしまいます。最後まで視聴してもらうためには、この5秒でユーザーに興味や関心を持ってもらわなくてはいけません。 クリエイティブを作成する際には、この最初の5秒で興味や関心を持ってもらえるような構成にする必要があります。

ユーザーが視聴する際の態度を考える

成果を出すためには、ユーザーがいつどのような場所で広告を視聴するかを考えることも重要です。 例えばですが、視聴している端末がスマホ・パソコンのどちらなのかや動画広告を音声有り・無しのどちらで再生しているか、などが挙げられます。 モバイル環境での利用が多い媒体に配信する場合は、スマホのサイズを想定した動画を制作することでユーザーに刺さりやすくなりますし、インリード広告を使用する場合は無音で再生されることが多いので字幕をつけた映像にしたりなど、ユーザーがどのような環境で視聴するかを想定することで、より効果が生まれやすいクリエイティブになります。

媒体別に効果測定を行う

少額ずつでも良いので、可能であれば複数の媒体で同時に動画広告を配信し、効果測定を行ってみましょう。 媒体ごとに機能やユーザーの特性はあるものの、実際行ってみないとわからないケースは多いです。まずは実際に複数の媒体に出稿してみて、それから最も効果の高かった媒体に広告費を集中させるようにすれば、大きな失敗がありません。

動画の最後にCTAを用意する

CTA(Call To Action)とは、「自社のWebサイトに誘導」「アプリのダウンロード」など、ユーザーにしてほしい行動を促すボタンを設置することです。 「買ってください」と音声でお願いするだけでは、ユーザーは動かないことが多いです。 動画広告では、序盤に商品に興味を持ってもらい、終盤にかけてユーザーにメリットを理解させて購買意欲を高めさせる構成にすることが可能となっています。 気持ちが高まっているタイミングでそのまま購入先に遷移させるボタンがあれば、アクション率が高まることでしょう。そのため、動画の最後にCTAを設置することをお勧めします。

目的に合わせ動画広告媒体を選定しよう

この記事では動画広告から始まり、配信先となる媒体を中心に紹介しました。 自社の商品やサービスをどの層に訴求したいのか、どのような目的で動画広告を配信したいのかを明確にして媒体を選定することが、動画広告で効果を得るために必要になってきます。 記事内で紹介した資料は無料でダウンロード可能となっていますので、ぜひご参考にしてください。

    欲しい資料をダウンロード。
    最新業界情報を受け取れます。
    メディアレーダーメンバー登録

めでぃぱす

メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る