株式会社ラ・クレタ

企業名 株式会社ラ・クレタ
所在地 東京都東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル SLACK SHIBUYA 7F
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2021/07/06

【事業会社の広報、マーケティング、デジタルご担当者様におすすめ!】

PRのDX推進は進んでいますか?
2021年は本格的な”DX元年の到来”と叫ばれる中、
長らくアナログ状態だったPR業界も例外ではありません。

PR効果を広告換算値のみに委ねてきたこれまでのアナログ状態のPRに代わり
デジタルデータの数値にもとづいた運用サービスをご提案します!
最短4週間〜でお取り組み可能なので、今すぐ改善したい!というご要望にもお答えします。

■こんなお悩みありませんか?
・広報活動を行なっているが、どれくらいの成果が出ているのかわからない
・データに基づいたPRやマーケティングを行いたい
・自社と競合の現状や生活者のインサイトを把握したい
・ウェブサイトをゴールとしたデジタルコミュニケーションの設計に課題感を感じている

■本サービスで出来ること
・デジタル分析調査による戦略・戦術設計
・メディア記事掲載(オーガニック、タイアップ含む)
・メディアアプローチ=30~40メディアへアプローチ
・メディア露出=1~2メディア確約
・レポーティング など

■運用フロー
①〜④まで、最短で4週間で実施可能です。
①ヒアリング
 └現在のPR活動やデジタル施策の状況や貴社の競合情報をヒアリング。
②分析のレポート
 └ヒアリング内容を元に、3C分析やサイト流入、キーワード傾向のレポートを提出。
③ご提案
 └分析結果が示す課題からPR活動の戦略設計に反映。具体的な施策のご提出。
④レポート
 └実施内容のレポーティングし、PDCA運用。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/25

【事業会社の方におすすめ!】
目まぐるしく変化する業界の動向や生活者のWEB行動を把握できていますか?
VUCAの時代だからこそ、ますますWEB分析を行うことの重要性が高まっています。

※VUCAとは
Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で「予測不能な状態」を意味しています。

シラベールはGoogle Analyticsの分析に課題を感じる広報/マーケティング担当者のお悩みから生まれました。

■こんなお悩みありませんか?
・広報活動を行なっているが、どれくらいの成果が出ているのかわからない
・Google Analyticsの見方がわからない、データ分析ができない
・競合の現状や生活者のインサイトを把握したい
・ウェブサイトをゴールとしたデジタルコミュニケーションの設計に課題感を感じている

ラ・クレタの新ソリューション「シラベール」なら、対象となるWEBサイトを観察し、
エビデンスを持って、次のコミュニケーションプランを構築することが可能です。
私たちは「WEBサイト現状分析」、「課題発見」、「課題解決のための施策提案」をワンストップでご提供しています。

■シラベールで出来ること(一部有料)
①WEBサイト現状分析
 貴社/競合のサイト分析を行い、流入属性や集客構造、
 外部サイトカテゴリなどの項目から現状分析を行います。
②課題発見
 競合サイトやキーワード分析、競合分析を行い、
 マーケティングファネルごとの課題感の可視化を行います。
③課題解決のための施策提案
 KPIとKGIの設定、PDCA運用を行い、ブランドリフトにおける課題解決を行います。


■その他のPR支援サービス
・クライアントや競合、カスタマーニーズの調査と分析
・メディアやクリエイティブの企画
・メディアリレーション、プレスリリース配信
・記者発表会やイベントの運営
・広告施策の提案( TV/新聞/デジタル等)

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/22

【事業会社の方におすすめ!】
5Gが浸透しDXが加速する中、広報/PR業界でも外せないのが、デジタルを活用した施策です。
その中でも今後、コミュニケーションの主役になっていくのが《動画》と言われております。

動画×PRの力で商品/サービスの魅力を最大限に届けることができます!


■こんなお悩みありませんか?
・動画PRに興味はあるが、よく分からない!
・動画を使った施策は高いイメージがあって手を出せない。。
・今のコミュニケーション手法では制限を感じる。

ラ・クレタの提供する、《動画PR》なら動画とPRを複合的に組み合わせ、
動画専門メディアにも掲載、配信し多角的に情報発信を行うことで認知獲得の最大化を叶えます。

動画を作った”だけ”では終わらせずに、動画プロモーションも並行して行うことで
認知と理解の促進ができるサービスです!

・一般的なプレスリリースによる情報発信
商品/サービスの魅力をプレスリリースで配信し、
メディアに取り上げられ不特定多数にアプローチしていました。

・ラクレタの考える動画PRによる情報発信
プレスリリースの内容を元に、リリース内容を30~90秒の動画化。
生活者の方にも分かりやすく伝えることに加えて、
動画専門メディアにも掲載するなどのプロモーションを行うことにより、
メディア担当者と生活者とのタッチポイントを最大化させます!!

■ラ・クレタの動画PRの特徴
①低コストにて動画制作と動画メディアへの露出をおこないます
②文字情報では伝わりづらい内容を動画にすることで、認知訴求と理解深耕が進みます
③制作後はオンライン/オフライン施策での二次利用が可能なので様々なシーンで活用できます
④Waves PRとの連動により、効果を最大限に高めます
WavesPRについてはこちら ▶️ https://media-radar.jp/detail15799.html

■その他のPR支援サービス
・クライアントや競合、カスタマーニーズの調査と分析
・メディアやクリエイティブの企画
・メディアリレーション、プレスリリース配信
・記者発表会やイベントの運営
・広告施策の提案( TV/新聞/デジタル等)

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/10

【事業会社の方におすすめ!】
5Gが浸透しDXが加速する中、広報/PR業界でも外せないのが
オンラインを活用した施策ですが、デジタルPRの対策は万全でしょうか?

■こんなお悩みありませんか?
・より多くのメディアにて多角的に情報発信したい
・定期的な情報露出で、少しでも“認知獲得”を行いたい
・なるべく低コストにて、企業/商品PRを行いたい、など

ラ・クレタの提供する、《Waves PR》ならPRとマーケティングを複合的に組み合わせ、
多角的に情報発信を行うことで認知獲得の最大化を叶えます。

■Waves PRとは?
最適なwebメディアで継続的に情報発信(波状発信)をすることで、認知の最適化を図ります。
特徴① 低コストにてブランド認知獲得に繋がるメディアへの露出
特徴② 記事コンテンツとして紹介されるため閲読率が高く、ブランド認知を向上
特徴③ 継続的にメディア露出を行うことで、ブランドの信用力を向上
特徴④ Web広告(ディスプレイAd.)との連動により、効果を最大化

■ラ・クレタの出来ること
・クライアントや競合、カスタマーニーズの調査と分析
・メディアやクリエイティブの企画
・メディアリレーション、プレスリリース配信
・記者発表会やイベントの運営
・広告施策の提案( TV/新聞/デジタル等)

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/06/09

【事業会社の方におすすめ!】
5Gが浸透しDXが加速する中、広報/PR業界でも外せないのが
オンラインを活用した施策ですが、デジタルPRの対策は万全でしょうか?

■こんなお悩みありませんか?
・企業や商品価値を継続的に高めたい
・顧客セグメントを行い、潜在顧客を見込み顧客に引き上げたい
・潜在顧客ニーズを把握し、顧客が興味を引く最適な情報を発信したい

ラ・クレタの提供する統合PR、《Insight Marketing PR》なら
企業/製品/サービスのブランディングからPR、マーケティングを一貫して行えます!

■統合PRとは?
デジタル・コンテンツPR起点のブランドリフト設計を実践すること。
潜在顧客の育成から①認知、②体験、③比較、④購入、⑤継続、⑥推奨、までを一貫して行い
ブランドにおけるファンの醸成に寄与します。
統合PRを独自の戦術化がしたのが、《Insight Marketing PR》です。
Insight Marketing PRはデジタルPRを接点とし、
デジタル主導で効果測定〜PDCA運用を行うことでブランドリフトを実現します。

■ラ・クレタの出来ること
・クライアントや競合、カスタマーニーズの調査と分析
・メディアやクリエイティブの企画
・メディアリレーション、プレスリリース配信
・記者発表会やイベントの運営
・広告施策の提案( TV/新聞/デジタル等)

>>資料の詳細を見る

資料掲載について メディアレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、メディアレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

クラウドレーダー インバウンドレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
メディアレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top